Index 2006年11月〜12月 世界バレーボール大会

○2006年11月25日sat放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 13:40〜


仙台へ出張。
東京に居残りのようで小林麻耶アナがいません。

東京から近いし明日もあるので泊まりでしょうから、
楽な出張なのではないでしょうか。
(061127)


○2006年11月25日sat放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 16:00〜


東京を離れた開放感でしょうか、
川合さんも大林さんも小林アナも、牛タン話などをして、
リラックスムード。

吉澤:(略)
藤本:(略)
高橋:植田ジャパン、今日も粘りのバレーを見せてください。
亀井:わたし達も全力で応援していきます。

新垣・久住:決勝ラウンド目指して、

田中・道重:今日も、絶対、勝つぞお!

選手の似顔絵を描いたりして、バラエティ感覚。
そこへ選手たちが通りかかったりします。

質問コーナー。
題して「こたえてちょーだい!」。
他局の番組タイトルらしい。
チームが強くて、視聴率も良いのでしょうか、明朗でこだわりません。
田中さん:攻撃のサインはどうやって出しているの?

道重さん:じゃぁラリーが続いているときは、どうしているの?

新垣さん:氷で首を冷やしているのは、何で?

久住さん:監督は、イヤフォンで何を聴いているの?
みんな良い質問、川合さん大林さんが丁寧に解説してくれて、勉強になりました。
(061129)


○2006年11月25日sat放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 19:00〜


試合前演舞。




応援。

田中さんのアヒル口。
(061129)


○2006年11月25日sat放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 24:26〜


試合は勝ちました。

18歳以上の4人が、選手退場口でお出迎え。
仙台は寒いらしく、コートを着ています。

ジャンプしてるのは藤本さん。
(061129)


○2006年11月26日sun放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 14:00〜

番組の仲間として、だいぶこなれてきました。
選手達と娘。との間も、馴染んできているようです。
質問コーナーも順調。

亀井:「私たちと一緒に全日本男子を応援しましょう」

新垣久住:「打倒チュニジア!」
田中道重:「今日も絶対 勝つぞ!」

久住:サーブのスピードは?

道重:一番身長が高い選手は?

田中:「れいな 一番ちっちゃくて 151.5なんですよ 身長が」

亀井:監督はポラ写真を持ってくれているか?
(061130)


○2006年11月26日sun放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 14:00〜



どこかのロビーのような所で撮影しています。

吉、藤、高、以外のメンバーも、少しずつ発言機会が増えてきました。
私の頁を見ると、垣、亀、道、田、久、ばかりが画面に映り、
発言しているように見えるかも知れませんが、
それは事実ではありません。
実際の発言機会の大部分は、吉、藤、高が独占しています。
が、それは殆ど番組の趣旨に沿った、頑張れ日本発言であって、
面白みがないので、私が取り上げないだけです。
(061130)


○2006年11月26日sun放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 19:00〜


試合前演舞。

田中さん、ちょっと元気がない。
演舞では、いつも通りキュート。

新垣さん、後列で余り発言機会はないけど、
常に集中してにこやかに頑張っている。

道重さん、見映えは一番。

亀井さん、たまに発言するも本筋をはずれている。
それが意図された役割。

試合も最後まで、ちゃんと応援します。
(061130)


○2006年11月26日sun放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 24:30〜


試合は勝ったようです。
全日本は かって無いほどに強い。

訛っていて何を言っているか分からない。

キャプテン荻野選手は、高橋さんと同郷。
「頑張って」と言っているのは荻野選手。
選手達も、自分達の糧の源が、観客動員と放送権料と個々の知名度だということを承知している。
ファンの声援に応えるのも大事。
ルールも知らないような娘っ子に丁寧に応対するのも大事と、承知している。
(061129)


○2006年11月27日mon放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 24:25〜



27日の放送ですが、前日26日の収録でしょう。
体育館の裏ロビーのような、こんな所で撮影。

吉、藤、高と順に発言しますが、
いつもいつも新垣さんだけ、発言機会がありません。
  いらいら。
(061130)


○2006年11月28日tue放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 12:50〜



平日の昼間だけど、出勤メンバーは吉澤 藤本 亀井の3人だけ。
いても良いはずの高橋さんもいません。
  省力という以外、理由がわかりません。
  他のメンバーは学校があるのかも知れません。
  亀井さんは、学校に行っていないのかも知れません。
(061130)


○2006年11月28日tue放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 14:00〜


出勤メンバーは、まだ3人。

亀井さん、いよいよ、ますます、むっちり。
(070130)


○2006年11月28日tue放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 15:55〜



久住さん以外が出勤。

  久住さんは学校を終え、新幹線で飛んで来ているところか。

  大変だけど、ある種嬉しいような、
  "お昼から、すぐ、仙台に行かなくっちゃいけないんだ〜" とか
  芸能人気分を楽しんでいるかもしれない。
(061130)


○2006年11月28日tue放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 16:00〜


先日の試合後、選手出口にて。

夜の放送なので、
公式にはいないことになっていると思われる年少組。
私的な時間を、年長組といっしょに過ごして、
たまたま、監督とハイタッチなどをしてみています。

監督は、亀井さんが撮ったインスタント写真を
内ポケットにしまっている。
(070130)


○2006年11月28日tue放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 18:55〜


試合開始直前だというのに、まだ、久住さんがいません。

はらはら。

試合前のオープニングアクトに、間に合いました。

めでたし、めでたし。
(061201)


○2006年11月28日tue放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 23:50〜


吉藤高新の4人。
試合は、負けたようです。
発言機会は、新垣さんにも回ってきました。
新垣:
「そうですね、もぉ、諦めなかった、最後まで諦めなかった
 選手達が、かっこ良かったです」

新垣:
「そうです。
 いつもの、あの、日本の勢いで行ってくれれば、
 多分、だいじょぶだとおもいます」
(061201)


○2006年11月29日wed放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 12:50〜


久住さんがいません。
学校のために いちいち東京へ帰っているのでしょうか。

TBSのお昼の番組を、やむなく垣間見てしまうわけですが、
福沢さんが、気の毒にも、どうでもいい番組の司会をさせられて、
馴れ馴れしい、いやな男に成ってしまっていました。
辛抱でしょうね。
みの氏も、徳満氏も、もう終りが近いし、古舘氏はニュースをやって偏向してしまって普通の番組にはもどれないでしょう。
お笑い芸人仕切りの番組も飽きが来ているので、そろそろプロの仕切りを見たい頃です。
(061202)


○2006年11月29日wed放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 14:20〜


小林麻耶アナもいません。
東京でお仕事のようです。

(061202)


○2006年11月29日wed放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 15:55〜


久住さん、出勤。
お話しは、吉,藤,高,亀。

マイクは、新垣 田中さんも持っているのに、
久住、道重さんは、マイクも持っていません。
この二人はまだ一言も発していないように思う。
(061202)


○2006年11月29日wed放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 16:00〜



田中:
「手を伸ばしても届かないんですよね、れいな。」
(061202)


○2006年11月29日wed放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 18:55〜


田中

新垣

道重

亀井

田中

藤本
(061202)


○2006年11月29日wed放送「世界バレー(娘。)」 TBS-TV 23:50〜


吉 藤 高 垣、年長4人の出演。

新垣:
「最後まで、やっぱりこぉ、ずっと粘ってたのが、
 ほんと見てて、すっごく、ずっと興奮してたんですけども、
 みんな、かっこ良かったですね」
(061202)


○2006年11月30日thu放送「世界バレー(娘。)」 

TBS-TV 15:55〜

8人全員、揃っています。
これだけのために仙台に行くとは思えませんので、昨日の内に収録したのでしょう。
小林アナが居なくて、吉澤さんと大林さんが、司会役みたいな感じです。
亀井:「植田監督が、こぉ、試合中 選手に向かって こぶしでここだここだってやってるんですよ。そのアクション一つ一つが本当に輝いてるなと思いましたね」
TBS-TV 23:50〜

年長4人の出演。
司会、吉澤、大林です。
新垣さんも、そこそこ話すようになりました。
解説の中垣内さんの声が枯れています。応援のし過ぎでしょう。
誰にMVPをあげたいか。
高橋:「高橋は同郷の荻野選手。本当に年齢を感じさせないプレーをありがとうございますって感じですね」


新垣:「そうですね、やっぱりゴッツ(石島)選手ですかね。いつでもどんな時でも、みんなに声をかけていたのがごっつ選手なので」
(061203)


○2006年12月01日fri放送「世界バレー(娘。)」 

TBS-TV 15:55〜

場所は、仙台体育館です。
一昨日の収録でしょう。
「それじゃぁ、金曜日のお昼の分、行きま〜す!」てな感じ。
TBS-TV 24:35〜

これは、
「じゃ、続いて、金曜日の夜の分、お願いしま〜す!」


(061203)


○2006年12月02日sat放送「世界バレー(DEF.DIVA)」 TBS-TV 13:50〜


DEF.DIVA だ。

男子バレー決勝ラウンドは、東京に戻って来ました。

後藤さん、カラーコンタクトが不気味。
石川さん、黒い。
  もちろんハワイの所為。

松浦:「さすがに決勝ラウンドなので、もう既に声援だったり熱気が結構伝わって来ています」

安倍:「私は今までずっとテレビで応援して来たんですけど今日は会場の方なので すごい楽しみに…」

後藤:「本当にね 日本は一戦ごとに強くなっていると思うので、今日もいい試合が見れると思います」

石川:「私たちの熱い想いが伝わるように精一杯応援したいと思います」
(061204)


○2006年12月02日sat放送「世界バレー(DEF.DIVA & Berryz工房)」 TBS-TV 16:00〜





Berryz工房も出演。でも、6人。
左から、菅谷さん
 (ワットがいるのでキャプチャーしたくない)
それから夏焼、清水、徳永、須藤、熊井さんと思われます。
で、嗣永さんが居ないようです。


石川:
「是非、フランス、
 食べちゃって欲しいです、はい。
 はい」
(061204)


○2006年12月02日sat放送「世界バレー(DEF.DIVA & Berryz工房)」 TBS-TV 19:00〜


名古屋でコンサートをやってるモーニング娘。からは、
メッセージ入りTシャツ。

清水キャプテン。

髪型が似合わない菅谷さん。

夏焼さん、美貌復活か。

徳永さん。

丸くなった須藤さん。

バランスが良くなってきた熊井さん。

嗣永さん、やっと出勤。

松浦さん。

若い者の間で、頑張っている安倍さん。

バンブ(妖婦)を越えてバンバイア(吸血鬼)の後藤さん。
(嫌いじゃない。誉めています。)

張り切っている石川さん。


応援も熱い石川さん。
眼鏡の松浦さん。
(061204)


○2006年12月02日sat放送「世界バレー(DEF.DIVA)」 TBS-TV 24:25〜


松浦:(略)
安倍:そうですね、残念ながら負けてしまいましたが、
 明日に向けて更に全力の声援を送りたいと思います。
後藤:そうですね、結構、何か、ほんとハラハラした試合で。
 でも、最後の方は、やっぱり点がどんどん開いていってしまったことで、
 もぉ、もっと頑張ってって言う気持ちは、すごくあったんですけど、
 でも、一緒に応援してくれるファンの皆だったりとか、
 やっぱり、選手の皆も、最後の最後まで諦めてなかったので、
 何かこぉ、感動しましたね、はい。
石川:はい、そうですね、も、ここは、もぉ気持ちを切り替えて、
 明日のロシア戦、リベンジ、したいですね、はい。

松浦:(略)
安倍:そうですね、わたし達も、勝利の女神になりたいので、
 全力の声援を送りたいと思います。
後藤:も、ほんと、最後の最後の試合なので、
 植田ジャパンのすごさを見せつけて欲しいなと思います。
石川:はい、そうですね、今日も、かなり声、枯れているんですけども、
 明日は、もっと枯れるぐらい応援したいと思いますし、
 あの、試合前にも、心込めて、Ready Go! を歌いますのでね、
 皆さん、一緒に応援してください。

みんな、そつのないことを言います。ベテランですね。

小林アナは、一人一人の名前を呼んで
「後藤さんはいかがですか?」「石川さん、いかがですか?」と質問します。
亀井さん・新垣さんの場合、名前なしで「いかかですか?」と質問されるケースが多かった。
(061205)


○2006年12月03日sun放送「世界バレー(DEF.DIVA & Berryz工房)」 TBS-TV 16:00〜


石川:「最後は、勝利で締め括りましょう。」

石川:
「今、残っている力を全部注いで、応援したいと思います。
 テレビをご覧の皆さんも、是非応援してください」

石川:
「わたし達が、みんなの分まで、
 娘。の分まで、頑張って応援したいと思います」

石川:
「有終の美を、是非、飾って欲しいと思います」


言いたいことはともかく、
勝利で締め括る とか、
力を全部注いで とか、
有終の美 とか、
語彙が石川さんの持ち物ではないように思われます。
台本と言うか、打ち合わせた台詞でしょう。
(061205)


○2006年12月03日sun放送「世界バレー(DEF.DIVA)」 TBS-TV 17:25〜


小林アナの督促もなく、短い時間に収まるよう
流れるようにコメントを発言していました。

松浦:「最後なんで、監督が喜びのあまり地面に寝転んで反り返ってガッツポーズが見れればいいなとね、思ってます」

安倍:「また、植田監督の、あの男泣きを見たいと思います」

後藤:「でも、ほんとに今日は、1セット目から勝って、
選手のみんなの喜んだ顔が見てみたいです」

石川:「歌も応援も、力一杯、頑張りますので、
みんさんも一緒に、応援、よろしくお願いします」
(061205)


○2006年12月03日sun放送「世界バレー(DEF.DIVA)」 TBS-TV 19:00〜



慣れていないはずなのに、モーニング娘。より迫力がある。



膝と片肘のプロテクターは、
モーニング娘。が白、
Def.Divaが黄色、
Berryz工房が赤。
肘当ては、右か左か、各自の勝手みたい。




お話しコーナーで、
Berryz工房は、ついに一言も発しませんでした。
(061206)


○2006年12月03日sun放送「世界バレー(DEF.DIVA)」 TBS-TV 26:40〜


決勝戦は、深夜の放送。
実際は、日本の7,8位決定戦よりも前に行われたような気がします。
放送局の都合で、日本戦が、良い時間帯に行われたような気がします。
日本の放送局のスポーツに対する姿勢が分かります。
1〜7位のチームの試合は、決勝戦以外、殆ど放送されませんでした。
スポーツをスポイルする道を歩んでいるようです。
巨人軍ばかりをひいきした結果、日本の野球がつまらなくなったのと同じ。
スポーツか人気商売か、兼ね合いの難しいところですが、
TBSは、バレーボールを、演芸にしてしまったように思います。

バレーボールファンには、
ワットとかハロプロ勢が、鬱陶しかったことでしょう。
わたしは、モーニング娘。やDEF.DIVAを沢山見られたので満足でしたけど。

集中豪雨的な世界バレーの放送でしたが、これで終りです。
日本男子が8位だったこと以外は、分かりません。
日本女子は、何位だったかも知りません。
(061206)