Index 2007年02月05日〜09日 深海魚(中澤)

○2007年02月05日mon放送「深海魚(中澤)」 TVK-TV 24:35〜

アナ:今晩は、TVKアナウンサーの東(ひがし)美咲です。
今週も始まりました深海魚の時間です。
この番組は毎週素敵なゲストの方をお迎えして、ゲストの方そしてTVKとも、より深く知ってもらおうという番組です。
今週のゲストは中澤裕子さんです。ィエイ!

中澤:初めまして。
アナ:よろしくお願いしまーす。
中澤:お願いしまーす。
(「うらら」PV)

アナ:TVKは初?
中澤:初めてです。初めて伺いました。
アナ:あ、横浜は、よく来られたりしますか?
中澤:横浜はですね、去年のね、暮・・ちょっともぅ、本当に寒くなってから・・
アナ:はい。
中澤:今日現在まで、すごい回数、来てますね。
お仕事も含めてプライベートでも。
ついこないだ、あの、眼科に行ってきました。

アナ:(笑)、何で、眼科って。
中澤:(笑)

アナ:まず中澤裕子さんと言えば、あの、頼れるお姉さんってイメージがすごく強いんですけども。
中澤:うーん。
アナ:実際は、ご自分ではどういう性格だと思います?
中澤:性格はですね、ま、あのね、お仕事の時は、もう鬼ですね。
アナ:おー、どういうところがですか。
中澤:お仕事の時に関しては、もう本当に男みたいだねって、よくいわれるんですね。
アナ:はい。
中澤:考えてることとか。何かこぉ自分が、これからやろうとしている行動とか。
アナ:うんうん。
中澤:なんですけど、も、普段の自分っていうのは、まあったく何も考えてないっていうぐらい、
アナ:うん。
中澤:ぼーっとしてるって言うか、わりとのんびりしてると言うか、うん、全然違いますね。

アナ:お酒を飲んで、こぉ、変わるタイプではないんですか?
中澤:えーと、お酒をよく飲む人達、メンバーとか、今やっぱり、お酒飲める年齢になってきてるんで。
アナ:はい。
中澤:みんなが言うには、裕ちゃんはかわいくなる・・
アナ:わーいいな、なにか
中澤:かわいくなるんですよ。らしいんですけど、憶えてないんですよ。
アナ:憶えてないの?
中澤:コンサートが終わったあと、ちょっと軽く打ち上げって感じで、
アナ:はい。
中澤:9人ぐらいで、後輩達、後輩達が、本当に仲間達で食事行って、みんな、こぉお疲れさん!って・・
アナ:はい。
中澤:今年もよろしくねーみたいな感じで。
て機嫌よくご飯食べてお酒も飲んで、ま、気付いたら家へ帰ってて・・
お財布見たらお金も減ってなくて、あれ、わたし、支払どうしたんだろうと思って。
その一週間後、またあの大阪公演があって、みんなが集まった時に、
私の分は飯田圭織が立替えてたっていうことがあって。

アナ:優しい。
中澤:で、飯田さんに、わたし、送ってもらってるらしいんですよ。
すいませんでしたって、謝って。

アナ:うわー。
中澤:えっとお金返して、えー、ずっとこれからもお願いしますって。
そこが、プライベートはしっかりしてないって言うとこなんですけど。

アナ:あー。
中澤:みんなが、こぉ何かね、守ってくれて。
靴まで履かされてらしいです、わたし。

アナ:あー優しい。
中澤:ちょっと、怖い風にもしてましたけど、今は丸くなりましたー。
アナ:モーニング娘。に入る前は、以前は何か、お仕事されていたんですか。
中澤:はい。OLを、大阪で。
アナ:えー!
中澤:事務員を。
アナ:本当ですか。
中澤:はい。もしもし、何とかかんとかですとか言って。誰々さんいらっしゃいますか。あ、ただいま不在しておりまして、とか。
アナ:オフィスレディーを。
中澤:オフィスレディーを。
え、ちょっと、5,6年ほどさしていただいてんですけど。

アナ:あー。
中澤:もう芸能界入ってからの方が長くなっちゃったので。
アナ:信じられない。
中澤:そうですねー、みんな、って言うか、信じられない。
えーよくやってたねーって。


アナ:わたしが男性社員だったら、何か、お茶ついでくれよとか、さりげなく言ったりしそうですけどね。
中澤:あのねーやっぱ性格的な問題がありましてですね、みなさん。
あの、なかなかわたくしにはですね、用事を、言いにくかったところもあるみたいで(笑)

アナ:えー、そうですか(笑)
中澤:お使いとか、何かやっぱり何かね、書類とかどっかへ取引先へ持ってって言われるときがあるんですけど。
わたし、帰ってこないんですよ。

アナ:なんでなんで?
中澤:それは、あの、しめしめ外に出れるぞ、みたいな(笑)
アナ:(笑)
中澤:も、あるんですけど。とてつもない方向音痴なので。
アナ:今もですか?
中澤:今もですね。だから自分が何か建物に入ると、右から来たのか左から来たのかが、まず分かんなくなって・・
アナ:建物の中でさえだったら大変ですよ。
中澤:だからねぇ、お使い頼まれても、時間通りに物が届けられないとか、
アナ:あー。
中澤:帰って来ないっていうので、いつもさぼってると思われてました。
アナ:実際は
中澤:わたしは闘っているんですよ。
アナ:闘っているのに。
中澤:間に合わなきゃって。そうなんですけど、何かね、そういう失敗も多々ありましたけど。
でも、デビューする、その直前まで仕事してて、すごく周りの方にこぉ応援してくださって、 応援してもらってたので、感謝はしてますね。


アナ:「うらら」が発売中です。
中澤:ありがとうございます。
アナ:これはあの、この春をすごい感じさせる曲なんですけども。
中澤:そうですねー。
リリースは秋で、まこれから本当に冬に向かっていく時期に、
こぉ春うららって歌っているということで、
ま、あの、失恋したっていうか、あんまりこぉ、幸せな恋愛をした女性の歌ではなく、
やっぱ失恋って、淋しい気持ちになっちゃうんですけど、
ぃやでも、その失恋があることで、また次の出会いがあるっていう、
暖かい春をイメージさせて頑張って行こうよっていうメッセージも、入っている曲なので。

アナ:じゃあこれから聴き込んで、聴き込んで、春に向けて・・
中澤:そう、暖かい春が、参りますので。
アナ:これをちょっと聴かせていただいたんですけど、
中澤さんの声が、よくモーツアルトが、アルファ波を出すって、
よく言うように、すごい心地いいですね。

中澤:モーツアルト、来ましたか。
アナ:はい。なんですかね、何か野太いというか、すごく耳に入り易いというか、
中澤:あーどうですかね。
でも、オーディションを受けた時に、つんくさんがわたしの声を聴いたとき、一番最初に聴かれた時は、 やっぱり声がいいっていうことは、
最初に言ってくださったんですよ。
でも自分では、やっぱり、自分の声って、そこまで分らないので。

アナ:うん。
中澤:本当にわたしは、ま、大事にはしなきゃいけないとは思ってるんですけど。
ねぇ、でもそういう風に言ってもらえることは財産なので。

アナ:はい。
中澤:本当にあの、ケアだけはちゃんとして。はい、過ごしてます。
アナ:みなさんも、この「うらら」、お聴きになってください。

アナ:今日の携帯サイトのキーワード、こちらの方に、何かお願いいたします。
中澤:そうですね、それでは、今、ちょろっと言っていただいた「野太い」で。
アナ:野太いで。
中澤:(笑)いろいろイメージしてください。
アナ:お願いします。それでは今日はこのへんで、ではまた、さよなら、お休みなさーい。
中澤:おやすみなさーい。
(071026)

○2007年02月06日tue放送「深海魚(中澤)」 TVK-TV 24:35〜

アナ:こんばんは、TVKアナウンサーの東美咲です。
今日も始まりました深海魚の時間です。
今日の素敵なゲストは中澤裕子さんです。ィエーーイ!

中澤:お願いしまーす。
アナ:よろしくお願いします。
中澤:お願いします。
(PV)

アナ:さ、今日はね、二日目なんですけども、
中澤:はい。
アナ:スタジオが、このニュース930というニュース番組のスタジオなんです。
中澤:はい。
アナ:はい、中澤さんは、こぉニュースっていうと、どういうイメージがありますかね。今これ、実はキャスター席なんですよ。
中澤:みなさん今晩は、キャスターの中澤裕子です。
アナ:今日は、深海魚、中澤姐さんのですね、
休日について迫っていきたいと思います。
まずは理想の休日をグラフに描いていただきました。

中澤:はい。
アナ:こちらです。
中澤:ちょっと本当にあの・・・女の子らしく描けないんで申し訳ないですが、色だけでもピンクにしました。
これ、ぇと、理想の休日です。
これはですね、ふつーに、ふつーにって言うか・・
あのね、まず7時に、お休みの日でも7時に起きたい。

アナ:起きたい。
中澤:はい。朝、お天気よかったら、特に早起きしたいんですよ。
で、朝、ちょっと、犬飼ってるんで、

アナ:あ、何匹飼われてるんですか?
中澤:二匹。
アナ:あぁ、はい。
中澤:チワワが二匹いるんですけど。ちょっとお散歩かねてね。
アナ:そうですね、はい。
中澤:ちょっとあの、体を起こす感じでお散歩行って。
アナ:1時間もとるんですね。
中澤:すごい方向音痴っていうお話も、しましたけど、
アナ:あ、そうですよね、はい、
中澤:帰ってこれないんですよ、???、本当に帰ってこれないから、 だから万が一のことを考えて、3千円ぐらいいつもポケットに入れて、あの、散歩行くんです。
アナ:何で?ああ
中澤:万が一、電車賃だったりタクシー代だったり、なんでもいいんですけど、帰ってくる手段を自分でちゃんと考えておいて。
ま、1時間で。で、朝ごはん食べて。
で、ここは何しようかなと思ったんですけど、ちょっとあの、趣味の時間に、こぉ使えたらいいなと。
家の中での。

アナ:そうですね、午前中、例えば何したいですかね、趣味に費やすとしたら。
中澤:まだ趣味が未定なんですね。(笑)
アナ:あれぇ(笑)
中澤:だからまだ書けてないんですけど、
中澤:ちょっと、お出かけ。ぷらぷら、ドライブとか行けたらいいですね。
ほんとに、あの、その時の景色というか季節を感じれるようなお散歩、これもまあ、お散歩に近いんですけど、お買い物とか。
で、まあ、5時から、たっぷり23時まで。

アナ:ちょっと待ってください。
中澤:え?
アナ:なんですか、これ。
中澤:食事の時間ですよ、これ。
アナ:食事の時間が、1,2,3,4,5、6時間ですよ。
中澤:えぇえぇえぇあの、ゆっくり楽しみたいんですよ。
アナ:ああ、はい。
中澤:お友達だったりとかと。あの本当に気にせずに、ゆーっくりと、こぉ。 ここが別に、自分のお家で、こぉ、みんなでわいわいするのも良しなんですけど。
アナ:あーちょっと調理時間も含まれていたりして。
中澤:今まで、そういうことをしたことがなかったんですね。ホームパーティーとか。
アナ:それが理想なんですね。
中澤:そうそう、やっぱり、いつも出来ることではないので、本当にお休みで、
で、もし、おまけに次の日もお休みだったら、これぐらい


アナ:じゃ、この理想の休日
中澤:理想、も、本当にオーソドックスなんですけど、意外と普通の生活が、あまり出来てないので、こういう形です。
アナ:これを踏まえて、リアルな現実な休日。最近ね、過ごされた休日を見せていただきます。
中澤:はい。えー月曜日に、わたし、あの、メンバーとご飯食べて、えーと帰って来たら、なんかソファで、
飯田さんに送ってもらってましたって話、しましたが。

アナ:はい。
中澤:その日、その次の日、お休みだったんですね。
アナ:はい。
中澤:で、その日のこと、描いてみました。超リアルです。
アナ:どうぞ。
中澤:(笑)
アナ:え?これは、どういうことなんですかねぇ。
中澤:なんせ、もう、どうやって帰って来たかもわからない状態だったわけです。
で、まあ、あの、着信とか、飯田さんの着信とか見ると、
ま、この時間帯にはもう家に帰ってきて、もう寝に入っているんですよ。ソファーだったんですけど。
で、だだだだだつって、そうとうお酒を飲んでたみたいで、もう立ち直れなくて。
だだだだだつって、何度かこぉ目は覚めてるんですけど、あぁまだ無理無理無理無理無理つって、
結局、起きなきゃなと思ったのが、夕方の5時なんですよ。

アナ:ちょっと。
中澤:それでも復活したんで、起きなきゃと思って起きまして。
アナ:はい。夕方5時にね。
中澤:ええはい、起きまして、これはちょっとね、体を起こさないといけないと思って、散歩に行きました。えー、家の犬連れて。
アナ:夕方5時か6時。花、太郎連れて。
中澤:はい、花、太郎連れて。暗かったです、もう、真っ暗でした。この時間で暗くなっているんで。
で、帰って来て、スーパー行きました、ここで。

アナ:あー。
中澤:今、思い出しました。この時間、何してたかなと思って。
スーパー行って。
散歩から戻ってきてスーパー行って、軽くご飯を作って食べて、

アナ:はい。
中澤:もう、寝ました。
アナ:早いですね、スーパー行ってご飯作って食べて、
それが、およそ1時間。ちゃっちゃかちゃーって

中澤:もうね、食事よりも、食欲よりも、もう睡眠とか体力が、もう疲労してたので。
アナ:て言うか、24時間で、2時間しか
中澤:(笑)
アナ:ちょっと、活動してない人って。20時間寝てるんですよ。
中澤:こっからは、ベッドで寝ましたよ。
アナ:はい、ぃや、ベッドとか場所の問題ではなくて

アナ:さて、中澤さん、昨年、「うらら」をリリースされました。
中澤:ありがとうございます。
アナ:今日は、このカップリングのお話を訊きたいんですけども、カップリングのタイトルが、また違ったテイストで。
中澤:そうですね、タイトルは、あの、ジューンブライドにあこがれ、と。
6月の花嫁と書いてジューンブライドって読むんですけど。

アナ:はい。
中澤:あのー、ま、お嫁に行く、歌詞なんですが。
アナ:じゃもう、この自分の結婚式を挙げるときには、やっぱりちょっと、この曲を、
中澤:ただねー、あのね、結婚前に、あの、あれなんですよ、あの、何っつうんですかね、ご懐妊してると言うか、(笑)
アナ:あ、歌詞の方が、
中澤:ハロープロジェクトのコンサートで、それを披露するにはどうかなーみたいな。
アナ:(笑)
中澤:小さなお子さんたちとか、来てるので。
アナ:そうですね。
中澤:あの、意味がちょっと分りづらいと???で、大人たちが沢山集まるライブで、歌っております。
でも大事に歌わせてもらってます。はい。

アナ:このカップリングの方も、聴いてください。
中澤:是非、聴いてください。

アナ:それでは今日も、携帯サイトのキーワードを、こちらにいただきたいと思います。
中澤:そうですねー、「2時間」。
アナ:(笑)キーワードは、「2時間」で。
中澤:「2時間」で。はい。
アナ:24時間中2時間しか起きていなかった中澤さんでした。
中澤:素晴らしい、人間技。
アナ:すごかったー。それでは今日は、この辺で。
中澤:はい。
アナ:さよなら、おやすみなさーい。
中澤:おやすみなさーい。
(071027)

○2007年02月07日wed放送「深海魚(中澤)」 TVK-TV 24:35〜

アナ:こんばんは、TVKアナウンサーの東美咲です。
今週も深海魚始まりましたよ。
今週の素敵なゲストは中澤裕子さんです。(拍手)

中澤:お願いします。
アナ:お願いしまーす。

(PV)

アナ:だんだんと、この深海魚、慣れていらっしゃいましたでしょうか。
中澤:もう、どんどん深く、深く深く潜っております。
アナ:深く深く潜っていって、
中澤:潜って潜って、楽しく泳がせていただいております。(笑)
アナ:(笑)

アナ:さぁ水曜日、今日はですね、深海魚を見てる皆さんから送られて来たメールの内に、ちょっと今日は3枚選んでみました。
中澤:はい、ありがとうございます。
アナ:はい、じゃちょっと早速、中澤さんに質問、していきたいと思いますね。
中澤:はい。
アナ:1枚目です。ペンネームうさぎさんから。
中澤:うさぎさん。
アナ:中澤姐さん、こんにちは。年末年始、お休みは取れましたか。
どこか行かれましたか、教えてくださいとのことです。

中澤:はい、えーと、今年は年末年始は、ま、お仕事は31日まであったんですけど、
アナ:うん。
中澤:それでも、わりとゆっくりできる時間もあり、お正月も、えーと、ハロープロジェクトのコンサート始まるまではお休みいただいてたので、
アナ:はい。
中澤:あ!お正月、圭ちゃんといました、わたし。
保田圭ちゃんと、えーとー31、一日になってからですよね。

アナ:はい。
中澤:一日になってすぐの夜中と、そして、わたしイブも圭ちゃんと一緒でしたね。
アナ:ぅわー、ラブラブですね。
中澤:ラブラブ、クリスマスライブで、それこそ横浜の、そうBLITZにいたんですよ。
アナ:あ、BLITZ、はい。
中澤:で、BLITZにいて、で、都内戻んなきゃいけないわけで、終わったら。
アナ:はいはい。
中澤:でも、あの、9時半に予約したからってメールが来て。9時半にはちょっと戻れないかなぁーって言うので、時間ずらしたんですけど。
アナ:え、それは圭ちゃんからのメールで?
中澤:ええ、あのクリスマスイブ、何してるってメール、連絡が来てて、一週間ぐらい前に。
アナ:はい。
中澤:あ、ライブやってるけどって。
疲れてなかったら、ちょっと飲みにいかないって(笑)

アナ:(笑)
アナ:二人?
中澤:二人、2名で。
アナ:あぁ、いいね。
中澤:他のメンバーは誘っても来なかったらしいです。
アナ:あぁ、いいね。
中澤:なので、わたしが圭ちゃんに付き合ってあげたんです。はい。
アナ:ラブラブですね。え、元旦も聞いたんですか。
中澤:元旦も、
アナ:元旦も聞きたいですよね。
中澤:元旦も、共通のお友達がいて、で、あの何してるのっていう形で、こ、みんなが、あ、そう言えば圭ちゃん、みたいな。
アナ:うんうん。
中澤:で、あの、途中で集まって、じゃお参り行こうってお参り行って。
アナ:じゃ、やっぱり圭ちゃんとは波長が合う?
中澤:圭ちゃんと、カオリと、矢口って言うのは、よく食事とかも行くんですけど。
アナ:うん。
中澤:で、今回、モーニング娘。が10周年目の、大事な節目があるんです、来たんですけど、
アナ:はい。
中澤:それでコンサート会場の楽屋では、ここで、なっちももちろん加わって、もーずーと皆でわいわいやってたので。
メンバーとは、今、すごい仲いいですねー。本当に。

アナ:あー、もう、本当に10年間というと、本当にもう普通の友達でも10年間続くっていうのは、もうね、すごいことですものね。
中澤:そうですよね。だから、普通のね、学校行ってのお友達だったり、会社行っての同僚だったりって言うお付き合いでない分、やっぱり、何か長く。
アナ:深いし、長いし、いろいろ乗りこえてるし。
中澤:そうですね。
アナ:靴は履かしてくれるわ
中澤:(笑)どうもすいません、今年もいっぱい、何か迷惑かけちゃおう。
アナ:(笑)
中澤:(笑)

アナ:じゃ次、2枚目行きます。
ウィングさんからいただきました。ありがとうございまーす。

中澤:ありがとうございます。
アナ:プライベートで遊んだりするメンバーは誰ですか。
圭ちゃんとか卒業メンバーですか、ということなんですけど。

中澤:そうですね。今言った卒業メンバーもそうなんですけど、その、わたしが靴を履かせてもらった、
アナ:はい。
中澤:ご飯を食べに行ったときは、あと他に、メロン記念日の斉藤瞳と、前田有紀ちゃんと、あとアヤカと、里田まいがいましたね。
アナ:はい。
中澤:だから、そう、たまにそういう感じで、わりと、わっ!って。
アナ:わー。
中澤:何かお仕事のあと、ばぁーって流れて行ってとか。

アナ:3枚目です。えー春よこいさんからいただきました。ありがとうございます。
中澤:ありがとうございます。
アナ:中澤姐さんに相談です。もうすぐ僕は大学入試なのですが、好きな女の子のことを考えると勉強に集中できません。何かアドバイスをくださいと言うことです。
中澤:考えてもいいんじゃないですかねぇー。
アナ:お、そう来ましたか。
中澤:だって、忘れない、考えないで勉強しろっていう方がストレスですから。
アナ:あー。
中澤:いいじゃないですか、目の前に、その子の、彼女の、ね、写真を置くなりして、も、一緒に頑張ってんだなって。
アナ:恋のパワーを、
中澤:で、その受験が終わってからの目標を何か立てればいいんじゃないですか。好きな人だったら、じゃ、告白しようとか。
アナ:あーそうか。
中澤:忘れる必要なんかないよ、無理よー、あなた、そんなのー。そんなの出来たらみんな上手くやってるわねー。ね。
アナ:(笑)
中澤:いいのいいの、好きな人がいるから明日が楽しかったりするんですから、頑張ってください。
アナ:頑張ってください。
中澤:はい。

アナ:さ、この「うらら」、昨年にリリースされましたが、この春なんですけども、2007年の春から中澤さんが始めたいことって、何かおありになるですか。
中澤:あります。
アナ:聞きたい。
中澤:わたし目標とか、もう何年も作ってなかったんですね。それこそ、もうデビューしてから10年になるんですけど。
アナ:はい。
中澤:具体的なものって作ったことなかったですけど、今年はあるんです。
アナ:何ですか。
中澤:わたし、編み物に挑戦します。
アナ:え?(笑)何で何で編み物なんですか。
中澤:脳を鍛えようかなと思って。
アナ:あぁ、脳トレとかじゃなくて、
中澤:脳を鍛えながら、ちょっと趣味って今までなかったんですね。
アナ:はい。
中澤:なので編み物。
アナ:編み物を。
中澤:もしくはキルト、やります。
アナ:はい。やりますということで、
中澤:はい。
アナ:よろしくお願いします。
中澤:このあと、何なら毛糸屋さん行きます。
アナ:(笑)

アナ:キーワード、こちらにいただきたいと思います。
中澤:脳トレ。(笑)
アナ:(笑)「脳トレ」で。
中澤:「脳トレ」で。
アナ:ちなみに、脳トレとかってやったことありますか?
中澤:若いですよ、わたし、あれ。20代。20歳、
アナ:うそ、すごい。
中澤:本当に、わたしね、やれば出来んですよ。
アナ:えー。出来るんじゃないですか。
中澤:やらないだけ。
アナ:じゃ、全然鍛える必要ないじゃないですか。
中澤:でも、この1、2ヵ月が変なんですよね。急激に、
アナ:急激に
中澤:なんだろーと思って。これが悪化しないように。
アナ:悪化しないように、
中澤:はい、歌詞とかも憶えられなくなると大変なんで。はい、日頃からちょっと脳をトレーニングで、脳トレ。はい。
アナ:ということで、キーワード「脳トレ」でした。
中澤:はい。
アナ:では今日はこの辺で、さよなら、おやすみなさーい。
中澤:おやすみなさーい。
(071028)

○2007年02月08日thu放送「深海魚(中澤)」 TVK-TV 24:35〜

アナ:こんばんは、TVKアナウンサーの東美咲です。
今週も深海魚始まっていますよ。
今週のゲストは中澤裕子さんです。ィエーーイ(拍手)

中澤:はい、こんばんは。

(PV)
アナ:はい、さ、今日はですね、恒例のキーワードトークと言いまして、
中澤:はい。
アナ:キーワードがどんどん出てきますので、それに向かって、あの、ポンポンと、
中澤:ポンポンと、
アナ:お答えください。
中澤:はい、分りました。
アナ:でも、あの中澤さん、あの、あれですね、ラジオもやってらっしゃるから、結構、こぉ、フリートークとかって、お得意なんじゃないですか?
ぱっと出されてぱっと。

中澤:んと、わたし台本がある方が苦手ですね。
アナ:あ、やっぱり。
中澤:そこに沿って話していかなきゃいけないっていうのがあると、どっか戻さなきゃとか、
アナ:はい。
中澤:もちろん、そういうの大事なんですけど。

アナ:それでは今日も深海魚スタート、
二人:でーす。

アナ:さ、今日は木曜日、キーワードトークです。
中澤:はい。
アナ:あの、キーワードがどんどん出てきますので、中澤さんが、もう、ポンポン、トークで跳ね返してくださいね。
中澤:わかりました。
アナ:はい、では1つ目、「青春」です。
中澤:モーニング娘。
アナ:モーニング娘。
中澤:はい。学校みたいに行事ごとが沢山あるんですよ、運動会とかねー。
アナ:そうですねー、はい。
中澤:もうねー、今まで避けて通って来たことを今更やらなきゃいけない、みたいな。
アナ:はい。
中澤:人生うまいこと出来てるなーって。
アナ:ふん。
中澤:あたしは、あのー、デビューするまでの、デビューが24歳なんですけど、それまで自分で青春を実感したことがないぐらい、こぉ、ぐだぐだしてたんで。
アナ:ふーん。
中澤:モーニング娘。の活動自体は3年3ヶ月しかなかったんですけど、まさに青春。自分勝手に、やっぱ生きて行けないじゃないですか。
アナ:うん。
中澤:こういうお仕事って。
アナ:そうですね、はい。
中澤:みんな普通、そういうことは経験していかなきゃいけないんですけど。それが、この、やっぱりモーニング娘、を経て現在で、勉強できてるので。
アナ:はい。
中澤:学校。
アナ:あー、それまでは人前で、こういうトークとか、フリートークっていうのは、好きなタイプだったんですか。
中澤:いやいや、わたしもう、ほんと、人前に出るのすごい苦手だし、
アナ:えー?
中澤:カラオケとかね。

アナ:じゃ、次のキーワード、行きますね。「特技」です。
中澤:「特技」
アナ:はい。
中澤:なんだろな、わたし、趣味特技ってないんですけど。あ、一時期、書いていたことがあるのは、プロフィールで。ソロバンって書いてたことありますね。
アナ:あー、そろばん。
中澤:そろばんは、唯一、あの、子供の時に習い事として最後まで、最後っていうか良いところまで、やったものかなぁ。
アナ:こ、ぱちぱちぱちってやる。
中澤:ジャッ。
アナ:じゃってやるんですか。
中澤:何円なり何円なり

(この辺、DVDがIOエラー)

アナ:じゃ、例えばじゃ、みなさんでご飯食べに行くときに、こぉ、いくら、お会計、一人あたりいくらっていうのは、やっぱり、裕子さんの。
中澤:いやいや、えーそれはですね、あの、4桁とかになってきちゃうので、えと、それは稲葉貴子がやってくれますね。
アナ:わー、
中澤:あっちゃんが、こぉ携帯で。あっちゃん、これ、ひとりあたりいくらか出してくださーいって言って。
アナ:もう、会計係なんだ。
中澤:あたし、そういうね、責任感がある役割は、プライベートでは避けたいんです。
アナ:あぁ、そうですよね。
中澤:はい。めんどくさくて。
アナ:甘えん坊の裕子さん。
中澤:甘えん坊なんで、すいません。

アナ:次のキーワード行きます。「反省」です。反省・・
中澤:反省?
アナ:はい。(自分が)さっきから噛みまくってるんですよね。
中澤:(笑)なんだそれ。
アナ:もう5回ぐらいNGを。
中澤:何の告白ですか、
アナ:すいません、すごい、
中澤:それが反省ですか。
アナ:ぃや、何か、はい、反省、すごいしまくってます、何か。
中澤:一番最初、初対面の方って、ものすごい警戒されるんですよ。
アナ:そうですかぁ。
中澤:怖い人だと思われてるので。
アナ:いや、こんなにー、
中澤:なるべく笑顔で入ってきたつもりだったんですけど。
アナ:すごい笑顔で、あの、豹柄のストールをこう巻いて、
中澤:(笑)
アナ:わー、スタイルいいなーと思いながら、ふぁさっと
中澤:でも本当に、第一印象って大事じゃないですか。
アナ:大事ですね、はい。
中澤:だからなるべく笑顔で、
アナ:挨拶してくれる時も、すごくこぉ、こおやって挨拶してくれて、やあもう、中澤さんがひーみたいな
中澤:いやいやもう、それぐらいしか出来ないというか、出来ないときもあるので。さ、出来なかった自分に反省はしますよ。
アナ:はい。

アナ:「悩み」と。悩み、ありますか。
中澤:え、無さそうですか?
アナ:あの、体型的な悩みとか、無さそうですね。
中澤:ありますよー!
アナ:うそー。
中澤:あります、あります、もう。だったら、それが悩みです。
アナ:聞いてもいいですか。
中澤:何をですか。
アナ:あのその、体の悩みってのは。
中澤:みんな誰しもが持っている最小限の悩みですよ。
アナ:あー。
中澤:食べ過ぎちゃったーとか、うん、何かちょっと、肌の調子が良くないななんてのは、みんなが思うことじゃないですか。それは普通にあります。
アナ:はい、普通に。
中澤:普通に。なんでこんなところにこんな肉がついてるんだろうとか。
アナ:えー!
中澤:あります、あります。
アナ:あるんですか。
中澤:それの努力はしますけども。
アナ:はい。そうなんですね。
中澤:はい。

アナ:中澤さんのリリースされたこの「うらら」ですが、本当にとってもいいんですよ。是非聴いてください。
で、この春にちなんでですね、春の思い出とか、お花見とか、何かありますか。記憶とか。

中澤:お花見は、やっぱり、て、桜、大好きですね、やっぱり、本当に季節って言うか春を感じさせてくれるから好きなんですけど、
アナ:はい。
中澤:必ずしも、じゃ、お花見できるタイミングに外にいるか、みたいな。
アナ:まず時間帯もね。
中澤:あと、お天気も。
アナ:お天気もね。
中澤:必ず明日咲くってもんでもないし。
アナ:そうですね、はい。
中澤:なんで、お花見自体は、ほんと、ここ何年も、ずっとやってないですけど。きれいじゃないですか。あたたかいし、
アナ:きれい、すごいきれい。
中澤:ぽかぽかして。そういう時を見計らって、あえて電車のって、ちょっとぷらぷらするときもあります。
アナ:あ、電車って、そういうプライベートで電車乗られたりもするんですか。
中澤:んーー乗るんですけど、あの、改札から出れないとか。
アナ:え?
中澤:渋谷あるでしょ、渋谷ありますね、渋谷着きました、で、まあ目的があるわけじゃないですけど、出ようとします。
アナ:はい。
中澤:で、駅の構内行って、外出るかなと思ったら、普通にまた、どっかの改札に戻って来てて、
アナ:えー?
中澤:外に出れなかったんですよ。
アナ:え?
中澤:それから、わたし、渋谷行ってないんですけど。
アナ:(笑)
中澤:もう、わたしは無理だと思って。

アナ:携帯のキーワードの方を、こちらの方にいただきたいと思います。
中澤:そうですね、えーと純粋に、じゃあ「お花見」で。
アナ:「お花見」で。あの、お花見をするとしたら、持っていきたいものとか、こういうシチュエーションにあこがれるとか、ありますか。
中澤:そうですねー。なんだったら、やっぱりペット連れて、
アナ:あ、花太郎、連れて。
中澤:花・太郎連れて、それこそ自然に触れさせたいですね。
アナ:と言うのも、
中澤:じゃ、今日は、この辺で(笑)
アナ:そうですね。(笑)それでは明日が最終日となります。
中澤:はい。
アナ:さよなら、おやすみなさーい。
中澤:おやすみなさーい。

(071030)

○2007年02月09日fri放送「深海魚(中澤)」 TVK-TV 24:35〜

アナ:こんばんは、TVKアナウンサーの東美咲です。
今週も深海魚の時間、始まっていますよ。
今週の素敵なゲストは中澤裕子さんです。ィエーーイ(拍手)

中澤:こんばんは。
アナ:こんばんは。

(PV)

アナ:いよいよ最終日になりますけども、5日間とおして、この深海魚、いかがだったでしょうか。
中澤:いやもう、楽しくおしゃべりさせていただいているので、
アナ:それでは深海魚スタート
二人:です。

アナ:今日は中澤裕子さんに2007年の展望について、うかがっていきたいと思います。まずは、お仕事面から。
中澤:はい。
アナ:お願いいたします。
中澤:お仕事面ね、もう、いろいろ展望とかやりたいこと、あるんですが、2007年は、ジャジャン!
アナ:ミュージカルー
中澤:ミュージカル。えーと、9、千9、ぃや違うごめんなさい。2001年かな。
アナ:うんうん。
中澤:モーニング娘。を卒業した年に、一度、ミュージカル、やらせてもらってるんですけど、
アナ:はい。
中澤:それから、ま、何本か舞台、お芝居はやってるんですが、
ちょっと苦手な分野だったんです。ミュージカルが、

アナ:あ、どこらへんが苦手だったんですか。
中澤:歌を交えてお芝居もして、それを表現するということが、すごくやっぱり難しくて。
アナ:はい。
中澤:で、その、モーニング娘。で活動してた環境と、まったく違ったので、それとの何か自分が、何か自分との戦いに負けた感じがしちゃってたんですよ。
アナ:あー。
中澤:なので、今まで、ちょっとやっぱり怖いな苦手だなって。
もし、今そん時に、またこのお話が来たらどうしようって不安だったんですけど。
何か、あの去年、舞台を2本やらせてもらったんですけど、それもあって、ちょっとミュージカルも久しぶりに挑戦したいなーって、

アナ:是非見てみたいですね。
中澤:思って、ます。

アナ:はい。じゃ次はですね、プライベート面について、うかがいたいと思います。
中澤:はい。プライベートはね、もう、今週沢山お話ししちゃったんで。
いろいろあるんですけど。くつ屋さん!

アナ:えへへ、何ですか靴屋さんって。
中澤:靴屋さん、したいんです。
アナ:え、開きたいんですか、お店?ほほぉと、靴大好き?
中澤:女の子、女性限定のお店で、ショップで、あの、パンプスとか、ミュールとかサンダルとか。ほんとに足元からですからね、おしゃれは。
アナ:そうですねー。
中澤:おしゃれは足元からって言いますから、洋服を替えたときも、ちゃんと足元も替えて欲しいっていう気持ちがあって。
バッグ、小物ひとつ、そうなんですけど。


中澤:自分で直接海外とか行って、見つけて、
アナ:バイヤーさんとして買付もやってみたいってことですか・
中澤:やりたいんです。
アナ:なるほど。
中澤:これあるから、これを商品として販売しようじゃなくって、全部見つけて、お店を開きたいなっていう夢が、実はあったので。
アナ:あー面白いですね。
中澤:なので、ま別に、今年、必ずこれができるわけではないんですけど。
今年2007年は、何かやりたいことを思い立ったら、それを実践できる環境を作っていこうって思ってるので。

アナ:素敵なことですね。
中澤:靴屋さん。あたし靴屋さんになります。

アナ:じゃ次はですね、ささやかな目標についてうかがいたいと思います。
中澤:はい、ささやかな目標は、
アナ:なんだろー。
中澤:たけのこ!
アナ:え?えへへへ何ですか、これ?たけのこって。
中澤:もうすぐ春ですよ。
アナ:もうすぐ春ですよ。
中澤:春って、たけのこ、また美味しくなる時期じゃないですか、ね。
アナ:なりますね。
中澤:旬の筍を、旬な場所で食べたい。
アナ:おお、そうきましたね。
中澤:わたし、たけのこと、ささみとイカが好きなんですね。
アナ:すごいじゃないですか。
中澤:ものすごい声大きくなってますけど、今。
ものすごく主張してるんですけど、もうね。
だけどたけのこって旬で食べるのが難しいんですよ。

アナ:難しい、難しい。
中澤:焼きたけのこって、お店によっては、ものすごく上手じゃないところもあったりするので、ものすごく悲しくなるので、最高級のたけのこを是非最高級のお店で食べたい。
アナ:お店で食べたいと。

アナ:逆に苦手なものとかあるんですか。
中澤:バナナです。
アナ:え?
中澤:あたしバナナを食べる人とは、一緒に、えー暮せません。
アナ:屋台のチョコバナナも?
中澤:ありえません!
アナ:わー(笑)
中澤:それで辻ちゃん達は困ってたことはありましたけどもね。
アナ:例えば、楽屋にこぉ、食べながら入って・・
中澤:ありえません!
アナ:どうするんですか、そういう時は。
中澤:いや、もう、わたし一緒にモーニングとして活動してるときは、一切、バナナはわたしの仕事場には持ち込まなかったし、
アナ:うん。
中澤:もちろん、自分自身。メンバーも、やっぱり食べれなくて、食べたかったのにって今更言うんですけど。
アナ:あー。
中澤:あと、あの、ケータリングさんとかって、あの、ちょっとした軽食とか、
アナ:フルーツとかねぇ
中澤:絶対、ないです。
アナ:なしですか。
中澤:もう、今もそうですけど、どっかわたしの見える範囲にバナナがあったら、もうマネージャーさんが顔色変えて、それを撤収にいきます。
アナ:今日の控え室にバナナは、置いてない?
中澤:無かったです無かったです。
アナ:無かった。

アナ:さぁ、今週一週間、月曜日から金曜日まで通してきましたけれども、この一週間の感想を一文字で色紙に書いていただきました。
中澤:はい。
アナ:いっせーのせっで出しましょうか。
中澤:そうですね。
アナ:せーの!ドンッと。お、驚き?
中澤:あのー、気が付けば芸能生活といいますか、デビューしてから10周年目を迎える中澤裕子になるんですけども、
アナ:はい。
中澤:沢山の方と、最近、やっぱりね、ずっとお仕事させていただいてます。最近というか、ずっと。その中で、えー、アナウンサーさんといいますか、局さんの方で、こんな自由な方は初めてだなーと、
アナ:(笑)
中澤:もう、驚きでした。
アナ:驚きでした(笑)
中澤:もう、楽しかったですね。
アナ:わたしのこれ、「子」なんですけれども、中澤裕子さんの「子」
中澤:でしょうね、たぶん。
アナ:そう、なんですけども、すごい子供らしいところもあったり、あと迷子になっちゃったりするところもあったし、古風なところもあったし、女の子らしいところもあったり、
中澤:「子」つながりで?
アナ:「子」つながりで、子、子、子、子って感じで。
中澤:ね、驚きでしょ?みなさん。
アナ:(笑)
中澤:まさにこれ、これ、わたくしのこの気持ち。

アナ:この中澤さんのはサイン入りなんですけども、このサイン入り色紙をセットにして1名様にプレゼントいたします。
中澤:はい。
アナ:さ、その携帯サイトのキーワード、最後、こちらにお願いいたします。
中澤:えーとー、えー、自由。
アナ:(笑)最後のキーワードは「自由」ということで。フリーな感じでね。
中澤:はい。
アナ:選ばせていただきました。
中澤:すいません。
アナ:ありがとうございました。今週の素敵なゲストは中澤裕子さんでしたー、ありがとうございましたー。
中澤:ありがとうございました。
アナ:また来週、ばいばーい。
(071101)