Index 06.07.19〜21 ごきげんよう(石川梨華)

○2006年07月19日wed放送「ごきげんよう(石川)」 フジTV 13:00〜

小堺:そして、今日からのゲストは、石川梨華さんです。
はい、よろしくお願いしまぁす。

石川:お願いしまぁす。
小堺:えー、番組でも、初めてお会いしますね、よろしくお願いします。
石川:はい、よろしくお願いします。

(「心に残る あの一言」)

小堺:さぁ、梨華ちゃんは?
石川:はい、こちらです。
小堺:中学時代の友達・・・
石川:はい。
小堺:これは、中学の時ね。
石川:中学の時って、小学生までは、ずっと同じ友達・・
小堺:あー、
石川:ですけど、中学に入ると、いろんな小学校から集まって来た、
1年生の時に初めて会ったお友達に、言われた一言です。

小堺:これです。「その声 作ってんの?」。あー。
石川:はい。初めて中学入った時に、お友達が、新しいお友達ができたときに、
「ね、梨華ちゃん、その声作ってるの?」って、

小堺:うん。
石川:言われた時に、へ?作ってないよって言ったんですけど。
やっぱり、今思うと、ま、実際にこの世界に入れたきっかけって言うのも、
ま、この声のキャラを、えーと、いいと言って言われて、

小堺:ほー、
石川:モーニング娘。に、えーと、受かったので。
あ、これってやっぱり、やっぱり声って特徴あるのかなぁて。

小堺:うんうん。
石川:思いました。
小堺:良かったんだよ、そういう声でね。
石川:はい。

小堺:今日のおやつは、アメリカンチェリーです。
石川:はい。おいしそー。あまい。

小堺:それでは、さっそくですが、作ってない声の梨華ちゃん。
石川:はい。すいません、チェリーが。

(当り「今だから言えるモー娘。の秘密」)

石川:はははは、おー。
小堺:さぁ、
石川:秘密ですか?
小堺:卒業して1年ですか?もう。
石川:はい、1年経ちましたね。
小堺:今だから言える、
石川:はい。
小堺:モーニング娘。の秘密。
石川:はい。
小堺:えー、何か、報復がない程度の話で結構ですけど。
石川:はい。
小堺:えー、いいですか?
石川:はい。
小堺:じゃ、お願いします。
石川:秘密ですね。あ、流れてますね(LOVEマシーンが)。
えーと、モーニング娘。って伝染するんですよ。

小堺:伝染?
石川:はい。い、モーニング娘。の中で流行りものとかが、
一時的な流行りものが、すごく多くて、
誰か一人がベーグルに嵌まったりとかすると、
も、みんなのおやつはベーグルになったりとか。
梅干が嵌まったら、みんな梅干、嵌まっちゃうとか。
そういう伝染がすごいんですよ。
みんな何か、

小堺:みんな誰かが好きになったものが、好きなんだ。
石川:そうですね。誰かが・・
小堺:ほー、食べ物ばっかり?今、聞いてると、
石川:そ、あ、そうですね、ほとんど食べ物が、多いですけど。
で、わたしも卒業して、ま、今、美勇伝として3人でユニット組んで活動してるですけど。
あの、ブラックタピオカって分かりますか?
ブラックタピオカのドリンクが大好きなんですよ。

小堺:あの、タピオカの、黒い?
光浦靖子:でっかいやつですよ。
石川:はい。
光浦:ゴボッて入ってくるやつ。
石川:そうそう そう。ちょっと太めのストローで、
光浦:ゴポッって。
小堺:ゴボッてくんの?
石川:はい。それを、すごく、食感がもちもちしてて美味しくてですね。
小堺:うん。
石川:それに、すごく嵌まっていて、それを、あの、メンバーに薦めたら、
すごく、えー、好きって言ってくれて、毎日のように

小堺:ゴボッ
石川:はい。
小堺:美容にもいい感じなの・
石川:何かほんとに、食感がお餅みたい、もちもち
光浦:そうそう、もちもちしてね、
石川:してて。普通の小っちゃいタピオカよりも、何か、噛みごたえがあって、
小堺:ほー。
石川:噛めば噛むほど、ちょっと、キャラメルっぽい味が、
小堺:へー。
石川:カラメルって言うんですか?
光浦:いや、タピオカは噛んでも噛んでも味はないよ。
石川:え?何か、わたしの食べる黒いタピオカは、味があるんです
光浦:え?どっちがおかしい?
小堺:え、味があるの?どういう味があるの?
石川:何か、カラメルっていうんですか
小堺:カラメル?
石川:甘いんですよね。
小堺:それ、飲み物が甘いんじゃないの?
石川:飲み物も甘いし、あれ?
小堺:タピオカも甘いの?
石川:タピオカ?
小堺:あの、(光浦さん)違うもん飲んでるんじゃないですか?
光浦:え?わたくしは、蛙の卵?
石川:(笑)
光浦:見た目は似てるからね。
小堺:あ、蛙の卵みたいなの?
光浦:うん。
小堺:はー。
石川:はい。
小堺:流行ってんの、今?
石川:流行ってますね。

小堺:一番、そういうの提案、多かったのは誰?
石川:提案、多かったのは、えと、高橋愛ちゃんは、すごい、人に薦めるのが大好きで。
いろんなお菓子とか、食べ物なんですけど。

小堺:やっぱり食べ物?
石川:はい(笑)。教えてくれて、で、すごく美味しくて、わたしも買うようになることとか。
小堺:ほー。やっぱ、食べ物になるよね、みんな若いし。
ま、待ってるときとか、喋ってるときに、こぉ、食べたりできたら・・ね。

石川:基本的には食べ物の話題で、いつも盛りあがってますね。

小堺:あと、じゃ、美容とかは?
石川:美容・・
小堺:あ、しなくていいか、別に。若いから。
光浦:若いからね。
小堺:ね。
石川:みんな10代ですよ。わたしは、もう、はた・21になったんですけど。
小堺:10代だもんね。
石川:モーニング娘。、美容のこととかと言うよりかは、
あそこのお店のこれが美味しいんだよーとか。


小堺:まぁ、いいよね、健康な証拠だね。
光浦:(わたし達は、からだのどこが痛いって、その話ばっかり)
石川:(笑)
千葉真一:(動いた3日後ぐらいに筋肉痛)


小堺:身体痛いとかあった?モー娘。とき。あんだけ動いたりしてて。
石川:わたしは、まだ今のところ、次ぎの日に筋肉痛は来ますね。
千葉:失礼いたしました。
小堺:うらやましいね。
石川:今のところ、まだ。

光浦:(合コン話し)。
小堺:合コン、する?
石川:したことないですね。

(060812)

○2006年07月20日thu放送「ごきげんよう(石川)」 フジTV 13:00〜

石川:はい、夏っぽく、してみました。


(お題は、「我が家だけの法律」)

石川:はい。
小堺:「しかられた時は、謝るんじゃなくて お礼を言わなくては ダメ。」だ。
石川:はい。
小堺:ほー。
千葉:おー。
小堺:これ、誰が教えてくれたんですか?
石川:これはですね、うちのパパなんですけども・・
小堺:あら。これは、いいお父さん
石川:小さい頃にですね・・
千葉:お父さん、おいくつですか?
石川:今、48なんですが・・
小堺:僕より若いし・・
石川:(笑)
小堺:すいません。

石川:うち、あの、女3姉妹なんですけども、
小堺:うん。
石川:よく、きょうだい喧嘩をしてたんですよ、小さい頃。
小堺:はい はい。
石川:そういう時は、うちのお父さんが叱るんですけども。
お尻ぺんぺん、3人、ぺんぺんって叩かれた後に、
ちゃんと、ありがとうございましたって、

小堺:言えと・・


石川:パパだって叩きたくて叩いてるんじゃないんだって、
小堺:うん。
石川:言って、お尻叩かれたあとは、ありがとうございましたって泣きながら・・
小堺:はあーー、体育会系だね。
石川:小っちゃい頃は、そうやって・・・
千葉:すばらしい。
石川:育ててもらったので・・
小堺:ほぉ、そうですか。
千葉:お父さんに、よろしく。
石川:あ、ありがとうございます、わかりました。
小堺:ね、なかなかね、なかなか、こういうことは教えてもらえませんから、
千葉:そうですね。
石川:はい。
小堺:ありがとうございます。それもいいですね、叱られた時って書いてあるもんね、
千葉:うん。
小堺:怒られたじゃないもんね。
石川:はい。
小堺:叱られた時だからね。
石川:はい。
小堺:何か、永六輔さんみたいになりましたけど・・
石川:(笑)
小堺:(声真似)怒られたと叱られたは違います・・
石川:(笑)

石川:行きます・・
小堺:これはあるかな? 「わたしは、○○の達人」

石川:達人?
小堺:これは、わたし負けないわっての、ありますか?
石川:これは、あんまり、何か、大声で言えることじゃないんですけども、
小堺:あ、だいじょぶですよ、マイクで拾いますから。
石川:だいじょぶ・・。しったかの達人?
小堺:知ったかぶり?
石川:よく、しったかするんですよ、わたし。
小堺:なんとかだよね、あー、とか言っちゃうの?
石川:って言うのもありますし、
小堺:うん。
石川:あの、言葉を一文字間違えちゃったりとか、
さっきもですね、あの、えーとー、パンタロン?

小堺:パンタロン?
石川:の、ことを、タンパロンって言っちゃったりとか、
あとは、あの、ちょっと前まで、サッカー、ワールドカップ流行ってるときに、
コートジボアールのことを、コートボジアールって言っちゃたりとか、

小堺:あー、でも、その辺は誰も気がつかないかもね、
石川:ぃや、でも、すぐ指摘されて、必ず一文字間違えるよね、とか・・
小堺:タンパロン?
石川:タンパロンとか(笑)
小堺:あはは、
石川:あ、分かる、分かる、あれですよね、あれですよねって言って、
出て来ると、どっかしら違ってるっていう、

小堺:うん。
石川:何か、ちょっと、間違えた情報が頭の中に入っちゃうみたいで、いつも。
小堺:順番がね。
石川:はい。
小堺:それが達人なんですか?
石川:はい。
増田岡田:間違えやすい。
小堺:間違え易い達人。

小堺:この声で、やっぱり、受かったと思う?モー娘。って?
石川:そうですね。オーディションの時の、つんくさんのコメントで、
小堺:うん。
石川:ま、石川は声のキャラがいいと、
小堺:うん。
石川:と言うことで、えー、選んでもらったんです。
小堺:ラジオなんかで乗り、マイクに乗りやすい声だよね。
石川:でも、高いですよー、ずっと。
小堺:すーと高いの?
石川:はい。で、早口になって、多分。
夜中にラジオ、毎週やってるんですけども、
これ、聴いてる人、耳痛くなんないのかなぁと思いながら、しゃべって

小堺:きんきん きん なってるの?
石川:きんきんなっちゃって。
小堺:でも、今は普通じゃない?
石川:大人になりましたね。
小堺:大人に(笑)
石川:ちょっと、落ち付いて話せるようになったんですけど、
小堺:はいはい。
石川:これが、ちょっとテンション上がっちゃって、しゃべり出すと、
小堺:上がっちゃうんだ?
石川:はい。あー、上がっちゃいますね。
小堺:そうですか。
石川:はい。

岡田増田:(声でオーディション通った芸人、安田大サーカスのクロちゃんの話へ)
(060813)

○2006年07月21日fri放送「ごきげんよう(石川)」 フジTV 13:00〜

小堺:はい、夏はね、女性、こういう格好、増えますよね。
石川:はい。

(お題「わたしは こんなムシキング」)

小堺:はい、梨華ちゃんは?
石川:はい、わたしは、
小堺:ピンク?
石川:はい、ピンクのムシキング。
小堺:今日もそうだね、ピンクだね。
石川:はい、今日は、大好きなピンクの衣装で来たんですけども。
小さい頃から、ほんとに、もぉ、ピンクが大好きで。
うち、家族みんな、パパも含めみんなピンクが好きなので。
もう、家じゅう、ピンクなんですよ。

小堺:パパ、ピンクが好きなんですね。
石川:はい。あの、ソファーとか壁とかもピンクで。
あと、家のくるまの車庫も、もう、まピンクですね。

小堺:まピンク?
石川:はい。
ブラザー・コーン:え?着てるものも、全部、ピンク?
石川:着てるものも、ピンクが多くて、昔はもう、ほんとにピンクで。
ブラザー:お父さんが?
石川:お父さんも、ピンクの時計とか、ピンクのシャツとかも・・
増田岡田:林家ペーさんではないですよね、まさか?だいじょぶですね?
石川:はい。
小堺:林家ペーパーさんは、僕らは、すごいな全部ピンクだと思うけど、普通じゃない?と思うんだ
石川:あ、素敵だなと思いますね。
全員:(笑)

石川:はい、行きまーす。

小堺:あ、「初体験」


石川:はい。
小堺:初体験。いろんなのが、まだね、
石川:はい。
小堺:若いから、いろんなことがあるでしょう。いろんな初めてのことが、
石川:わたしはですね、モーニング娘。のオーディションが、
オーディションというもの自体が、初めて受けたものだったんですね。

小堺:自分で行ったの?
石川:はい、自分で、あの、履歴書を書いて応募したんですけど。
モーニング娘。って、1期メンバー2期メンバー3期メンバーって、
徐々に追加してったんですけど、
わたしは、4期メンバーのときだったんですが。

小堺:うん。
石川:ま、中学卒業する前で、ま、高校行く前に、何かちょっと冒険しようかなぁと思って、
小堺:うん。
石川:履歴書送ったら、どんどん どんどん 順番に、
1次審査、2次審査と受かっていったんですけど。
ずっと、お母さんと一緒に、あの、東京の方までオーディションに行ってたんですね。
お母さんが、普通、親だったら、ね、娘のそういう夢とかって、
応援してくれると思うんですよ。

小堺:うん。
石川:絶対、受かるから頑張んなさい、とか。
小堺:うん。
石川:言ってくれるもんだと思うんですけど、
うちのお母さんは、もう、あんたなんか受かるはずないんだからって。
あんた、期待しちゃ駄目よって。
絶対落ちるからね、
あんた、無理に決まってるでしょって。

小堺:1次、2次の度に言うの?
石川:はい。も、あんた、諦めなさいよ、無理なんだからって言われて・・
小堺:お母さん、自分が受けたかったんじゃないの?
石川:(笑)でも、その時は、あたしも、なんで応援してくれないのよって言ってたんですけど。
ま、実際に受かってから、あとで考えて見ると、

小堺:うん。
石川:わたしは、あの、小っちゃい頃から、ほんとに人見知りが激しくて
も、ほんとに、いつもお母さんの横にくっついて、育ったんですよ。

小堺:はい、はい。
石川:なんで、人前で歌うこととか、たくさん、いろんな人としゃべることとかが、
苦手だっていうのを知っていたんですよね。

小堺:そりゃ、お母さん、ずっと見てるもんね。
石川:うん。で、期待をして、受か、あの、落ちてがっかりして、
あの、また何か、暗くなっちゃうのが嫌だったみたいで、
受かるはずないよって。
あの、期待を、変な期待を持たせなかったんですよね。

ブラザー:親心ですね。
小堺:うるうるしてますね。
増田岡田:うーん、うるうるしますねー。そのロケ地はどこですか?
 (自分達の話題が、映画等のロケ地探しの話だったので。)


小堺:さあ、そんな、いいお母さんを持ってる石川梨華さん、今日でお別れです。
石川:はい、
小堺:ありがとうございました。
石川:ありがとうございました。
小堺:さあ、お知らせです。
石川:はい。
えーとですね、8月の1日から27日まで、新宿コマ劇場で、
リボンの騎士 ザ・ミュージカルに、出演します。
こちら、モーニング娘。と美勇伝のメンバー、
そして宝塚歌劇団の現役男役の箙かおるさん、
そしてマルシアさんも、出演していただくということで、
宝塚の演出家の木村信司さん演出で、
今、丁度お稽古中ということで。

小堺:リボンの騎士だもんんねぇ。
石川:はい。
小堺:手塚治虫さんの・・
ブラザー:われわれの時代です・・。
小堺:そうね、大名作ですよ、これはね、
石川:はい。
小堺:ザ・ミュージカルです。
石川:はい、そうですね。

小堺:健康で、頑張ってください。
石川:健康で、はい。
小堺:ありがとうございました。
石川:ありがとうございました。


この21日の「ごきげんよう」は、録画を失敗したんです。録画予約を忘れて。
でも、何です、熱意があれば何とかなるものですね。
(060815)