Index 2006年07月04日〜08日 深海魚(吉澤ひとみ,高橋愛,小川麻琴,亀井絵里)

○2006年07月04日tue放送「深海魚(吉高小亀)」 TV神奈川 24:35〜

3日の月曜日にも放送があったのですけど、録画に失敗しました。
TVK、見たことがないので、チャンネルが分かりませんでした。
いろいろ試して、まず、テレビで映るチャンネルを確認。
で、ビデオを録画予約。
が、ビデオのチャンネル設定が違っていたようで、録画されていたのは砂嵐でした。
録画できたのは4日(火)から。

アナウンサー:東 美咲(ひがし みさき)
  テロップ「この番組にセットはありません。tvkのあらゆる場所で収録しています。」
  別の番組のセットを借りて収録ということらしい。

アナ:すごいナチュラルな番組なんですよ。
吉澤:はい。もう、自然なままで。
アナ:自然なままで。
吉澤:いきたいと思います。
アナ:よろしくおね・・・何か、あとからぽそって言いますね、亀井さん。
亀井:そうなんですか?
高橋:そうなんですよ。
吉澤:ぽそって言ってるんで、たまに拾ってあげてください。
アナ:あ、分かりました。
亀井:すいません、お願いします。
アナ:はい。では、今日もこういう感じでやっていきたいと思います。そして今日はですね、吉澤さんの振りでスタートしたいと思います。
吉澤:はい。
アナ:それでは今週も、深海魚!
吉澤:せーの
全員:スタート!

アナ:さあ今日は、モーニング娘。のみなさんが憧れてる職業についてリサーチしていきたいと思います。まず、吉澤さんは?
吉澤:はい。
アナ:何か、アイドル以外でしたら?
吉澤:わたしは、あの、小学校の先生・・・に、
アナ:えー。
吉澤:なりたくて。小さい頃から、ま、もちろん歌手って職業も憧れてて。
でも、小学校の先生も、すごい、なりたくて。
自分が小学校が好きっていうのもあるんですけど。
小学生が好きなんですよね。
小学校の先生って、も、全科目を教えなきゃいけないじゃないですか。

アナ:あ、大変なんだよね。
吉澤:それがいいなぁと思って。
アナ:あー。
吉澤:ま、大変だと思うんですけど。
何か、数学担当だけとかじゃなく、体育もやって国語もやって算数もやって社会もやって、ていう一つのクラスを何か、こぉ、みんなでやるのが、小学校の先生はいいなぁと思って。

アナ:えー、じゃ、吉澤せんせーとか、これ分かんないよーとか、
吉澤:そうですね。だから小学校ぐらいなら教えられるかな。頑張って、(笑)
メンバー:(笑)
アナ:そうなんですか、えー。

アナ:じゃ、高橋さんは?
高橋:わたしはファーストフードの店員さんになりたかったです。
アナ:ファーストフード?
小川:憧れるかも、ちょっと。
亀井:憧れる。
アナ:えー、
高橋:よく、ハンバーガーを食べてたんですよ。ドライブスルーで。
アナ:ドライブスルーで。
高橋:(笑)
吉澤:ドライブスルーなんだ。
アナ:じゃ、なに?みんなのロケ車とかで?
高橋:違うんですよ、
アナ:家族で?
高橋:福井はドライブスルーが多いんですよ。
その場で食べるよりも、うちに持って帰ってとか、
どっか行く前にドライブスルーに寄ってったりとか、っていうことをしてたので。
あ、これやりたいって思ったんですね。

アナ:いらっしゃいませ!何個何円になりますっていう、こぉ(マイクを)付けてる人?
高橋:付けてる人になりたいです。あそこに立ってる人になりたかったです。
アナ:あぁー。
吉澤:でも高橋が注文受けたら、絶対、頼んだのが来なそうだね。
小川:ぁぁ、確かに。
吉澤:何か、お茶のMって言ってるのにジュースのLサイズが来ちゃったり、
アナ:あー、それは笑顔でカバーしたりして、
高橋:あ、すいませーんとか言って。
アナ:・・・ですね。すごい、想像がつく。

アナ:じゃ、小川さんは?
小川:わたしはぁ、えーと二つあったんですけど。
アナ:はい。
小川:看護婦さんか、保母さんに憧れてましたね。
アナ:おー、どっちも、人に奉仕する。
小川:そうです。何かその、保母っていうのは、ちっちゃい子が好きなんですよ、わたし。
アナ:あれ、ちなみに、妹さんとかいらしゃるんですか?
小川:妹、いますね。
アナ:あぁ
小川:妹、でも、嫌いでした。
吉澤:何でだよ。
アナ:性格違うの?
吉澤:きょうだい、仲良くしよーよ。
小川:違いますよ。妹は、今は、すごい仲がいいんですよ。
全然、喧嘩もしないんですけど。
昔は、すっごい、何か、わたしの真似ばっかりするんですよ。

アナ:何個、歳、違う?
小川:二つです。
アナ:あぁ、それって・・
高橋:それって、一番、喧嘩するよね。
小川:そう、勝手に、服着たりとか。ほんとに、しかも妹、すぐ泣くんですよ。
だから、お姉ちゃんなんだから、そういうのが、すごい嫌で。

アナ:分かる。長女だからね?
小川:長女じゃないんですけど。
アナ:あ、長女じゃないんだけど(笑)
高橋:次女だね。
アナ:あ、次女。
亀井:お姉ちゃんだね。
小川:そうなんですけど。
アナ:あ、お姉ちゃんなの?
小川:そう、真中なんですけど。
アナ:真中なんだけど。でも、あの、小さい子とか子供とかはすごい好きなの?
小川:はい、好きです。

アナ:亀ちゃんは?
亀井:わたしは、あの、レジを押す仕事をしたいです。
アナ:ぇええ!レジ押しって何?
亀井:あの、何でもいいんですよ。
アナ:はいはい。
亀井:でも電卓じゃダメなんですよ。ちゃんと、こ、ピッピッピッ、チーンみたいな。
アナ:チーン、みたいな。
亀井:そういうレジがしたくて。何か、コンビニとか行くと、あぁいいなぁ、押したいなと思って見てたりとか。
アナ:見てたりって、だから・・
亀井:あと、お店によっては、こぉ、ボタンじゃない、ボタンなんですけど、こういうボタンじゃないとこ、あるんですよ。
アナ:こういうボタンじゃないところ?
亀井:何かこぉ、あの、薄い・・(タッチパネル式のやつ?)
高橋:あー、あの、何か、電気みたいなとか
小川:メニューとかのボタンみたいな
アナ:あー、分かった分かった
小川:ぼこぼこしてないやつだよね
亀井:そうそう、そうなのそうなの。
で、あぁ、レジってこんなに種類、いっぱいあるんだと思って。
あのぉ、お店とかにレジが並んでたら、すごい見てましたね、一人で。

小川:あー、分かるかもー。
亀井:それぐらい憧れてた。
小川:わたしもやってた。
亀井:ありますよね、そういうの。
小川:何か、ホームセンターに行くと、絶対、レジ機があるとこに行って、ずっと、ごちょぉーって押してた、わたし。
アナ:何か、みんな意外なものに憧れてるんですね。(略)レジ押しとかってねー。
亀井:ぃやー、譲れないですね。
吉澤:えー、譲れないの(笑)
アナ:えー、何か、ほんとに面白いですね。絵里さん。
小川:日本語のチョイスが面白いですよね。
高橋:面白い。
亀井:ほんとですか?
小川:譲れないとか、そこで使うかっていう・・
アナ:今からちょっと練習してさ、
亀井:はい。
アナ:卓板とか押す練習してみたら。
亀井:そうなんですよー、はい、是非。
アナ:はい。
亀井:頑張ります。
アナ:じゃあ、頑張って行きましょう。

(060802)

○2006年07月05日wed放送「深海魚(吉高小亀)」 TV神奈川 24:35〜24:45

アナ:今日はですね、みなさんの地元について、プレゼンを、
小川:はい、
アナ:わたしに、していただきたいんですけども、
高橋:はい。
アナ:高橋さんは何処でしたっけ?
高橋:わたしは福井県です。
アナ:福井県で、吉澤さんは?
吉澤:埼玉です。
アナ:あ、埼玉。で、小川さんが・・
小川:新潟です。
アナ:で、亀井さんが?
亀井:東京です。
アナ:あ、じゃ、ばらばらなので・・
高橋:ばらばらですね。
アナ:そうですね。じゃ、今日は、その、プレゼンをわたしにしていただいて、
吉澤:はい。
アナ:プレゼントを、今日、お持ちしたので、
メンバー:オー!
アナ:優勝者の方には、それを是非、持って帰っていただこうと思います。頑張ってくださいねー。
メンバー:はい。
アナ:それでは、今週の、深海魚、
全員:せーの、スタート!

アナ:さ、今日は地元自慢、プレゼンバトルでーす。
メンバー:はい。
全員:ィエーーィ!
高橋:(笑)
アナ:今日来てくださってるみなさん、地元が、それぞれ違うということなので、
高橋:違いますね。
アナ:地元のね、こんなところがいいんだよとか、わたしに、思わずね、行ってみたくなるようなプレゼンをやってください。
メンバー:はい。
アナ:そして優秀者には、こちら。このね、素敵なプレゼント、今日、持ってきましたので、
メンバー:わー。
アナ:こちらを、是非ね、持って帰っていただこうと思います。
吉澤:おぉ。
高橋:はい。
アナ:ただルールがありますね。制限時間は30秒キッカリでございます。で、あの、もしね、方言とかがあったら、それもちょっと聴いたら、ポイントアップかなぁなんて。
高橋:どうしよう。
アナ:思っております。
小川:方言がない。
アナ:順番はですね、えー、吉澤さん、高橋さん、小川さん亀井さんの
亀井:はい。
アナ:順番で、お願いしまーす。


アナ:では、あちらに向かって、スタートです。
吉澤:
はい。わたし吉澤ひとみの出身地はですね、埼玉は、彩の国さいたまと言われてます。
あの、緑がたくさんあって、えー、自然がたくさんあって、きれいです。
いい所です。
続いて、そして、そして、じゃん、草加せんべー!
これ有名ですよね。
はい、美味しいです。はい。
そして、じゃん、さいたまスーパーアリーナー!
これは、わたし達もたくさんライブ、やらしていただいてます。

小川:終りー。
アナ:はい、終りでーす。
亀井:終っちゃった。
吉澤:短けー!
アナ:(笑)
高橋:あの、ぽっぽぽっぽ行かないといけないですね。
アナ:そう。

アナ:では次は高橋さん。
高橋:はい。
アナ:あちらに向かって、どうぞ、スタート!
高橋:
はい。
福井はですね、何もないようで、いっぱいあるんだよー。
それで、ます寿司。ます寿司、美味しいよー。
えーとね、ソースかつ丼。
ソースかつ丼はね、キャベツが乗ってたら駄目。

アナ:駄目。
吉澤:そうなの?
高橋:あのね、越前そば。越前そば、美味しいよー。
和紙。和紙を、いっつも作りに行ってました。
小学校のときね。
はい、五木ひろしさん。何と言っても、このこぶしはね、えっと、福井の名物でございます。

アナ:ありがとうございまーす。
メンバー:(笑)
アナ:待って、こぶしって、歌のこぶしでしょ?
高橋:はい。
アナ:なんでこれなの?(拳)
高橋:こぶし、を、こぉ、こぉね。
アナ:掛けてて。こういう感じで。
高橋:はい。
アナ:でも、方言出て、かわいいですね。
高橋:かわいくないですよ、何も。
アナ:かわいくねぇですよって。(笑)かわいいですよ。
高橋:いや、いや いや。

アナ:次は小川さんでーす。あちらに向かってスタート!
小川:
はい。新潟出身です。
えーと新潟は、ささ団子が、とても軟らかくて美味しいので、お土産に持って帰ってください。
えーと、田んぼがいっぱいあって、えーと、田んぼだらけです。
そして、あの、何と言ってもですね、コシヒカリが有名だと思います。
お米ね。
そして、あ、新潟にしかない、ね、屋台があるんですわ。
それ、あの、食べてください。(ぽっぽ焼き)
で、たぬきときつねが、出たりします。

アナ:(笑)えー?、たぬきときつねが出て、どこに出るんですか?
小川:えー、家の前とかに。
吉澤:え、看板に、たぬき、きつね注意 みたいのあんの?
小川:あ、そういうのはないけど、普通に歩いてたら、あ、今きつねがいたとか、
亀井:えー、いいなー。
吉澤:すげー。

アナ:最後に亀ちゃん、
亀井:はい。
アナ:いいですかー。
亀井:はい。
アナ:じゃ、あちらに向かって、亀ちゃん、どうぞ!
亀井:はい。
ぇと、東京都出身です。
かわいいお洋服がいっぱいあります。
はい、えっと、えー何でもかんでも最先端です。
東京にあるもの。東京タワーがある。
こ、東京に来たら絶対に行ってください。
あ、見えちゃった(2枚めくった)
えっと、雷門がある。
これも、東京に来たら絶対に行ってください。
で、もんじゃ焼きが美味しい。
これも、絶対に食べてください。

アナ:はい、終了です。
小川:亀井画伯。
亀井:終わっちゃったよ。
高橋:亀ちゃーん。
アナ:これ、もんじゃ焼きなんだねー(笑)
亀井:はい、色とりどりで。
アナ:色とりどりで。

アナ:えー、地元プレゼンバトルの優勝者は、高橋さんです。
高橋:おー!
アナ:おめでとうございまーす。
高橋:やったー!
アナ:あのね、決め手がね、やっぱり方言?
小川:あー。
アナ:なまってないですよって言うとき、なまってる感じもかわいかったし。五木ひろしさん、こぶしっていうの、またね、ギャップがすごい、突かれました。
高橋:ほんとですか。
アナ:ええ。
高橋:やった。
アナ:かわいかったので、じゃぁですね、用意したプレゼントを
高橋:なんですか?
アナ:こちらです。
小川:えー、何ですか、それは?
高橋:何ですか、これー!
吉澤:何、これー。
アナ:(笑)はい、わたしの父の、最近の写真なんですけど。
高橋:あ、お父さんですか?
アナ:はい。言っちゃなんですけど、こんなことしてるんですよ。(トランクス姿でボクシングポーズ)
メンバー:えー!?
高橋:そうなんですか?
アナ:マッチョで。はい。モーニング娘。さんの大ファンです。
高橋:えー、これですかー。
吉澤:これは何ですか、この子(ザルとうさぎの人形)
アナ:これ、あの、ザルの重しですね。
高橋:重しなんですか?じゃ、これ(写真)が?
吉澤:これがプレゼントですか?
高橋:これがプレゼントってことですか?
アナ:そうです、そうそう。
吉澤:よかった、わたし、
高橋:何でー!
(060804)

○2006年07月06日thu放送「深海魚(吉高小亀)」 TV神奈川 24:35〜

アナ:今、流れましたプロモーションビデオ、
新曲「Ambitious! 野心的でいいじゃん」は、
も、ほんとに皆さんのかわいさがギューッと詰まってるんですが。
今日はね、皆さんのかわいい仕草や振りなど、
もぉね、秘密をばんばん探って行きたいと思います。

メンバー:はい。
アナ:で、ですね、実は、わたし、今日、こっちに入る前に、吉澤さんのね、
吉澤:ぉー
アナ:この「Ambitious!」のジャケットを持って行って、
吉澤:はい。
アナ:何か、こういう髪型にしてくださいって、???してもらったんですけども、
吉澤:はい。
アナ:何か、ちょっと何か、松田聖子さん、何か聖子巻きとか、いろいろ言われたんですけどね。
吉澤:はい、あの、そうですね。あの、その、何、60年代とか70年代当時の、
アナ:はい。
吉澤:アイドルの方っぽい髪型で。
アナ:だったんですねー。今日、何か、来られるときに、
あぁやっぱ、おそろかなとか、間違えられたらどうしようとか思ったんですけど。

メンバー:(笑)
吉澤:あー、若干、間違えはしないですねー。
アナ:若干、若干、ちょっと、
高橋:ストレートでしたね、今日は。
アナ:ズレが、はい、ありまして。
さっき、ちょっと、心の中で、あっとか思ったんですよ。

メンバー:(笑)
アナ:残念、ちょっと、
吉澤:ちょっと、被らなかったですねー。
高橋:惜しかった・・
アナ:あらららら。ま、今日はね、皆さんのかわいさの秘密を、
是非、教えていただこうと思いますので、よろしくお願いしまーす。

メンバー:お願いしまーす。
アナ:それでは、深海魚ー、
全員:スタートー!

アナ:大好評発売中のニューシングル「Ambitious! 野心的でいいじゃん」。
このプロモーションビデオ、ほんと皆さんかわいくて。
もう、ずっと釘付けになってしまったんですけどね

高橋:ありがとうございます。
アナ:何か、皆さんの気に入ってるね、かわいい振りとか、
ここのね、仕草ね、何か見て欲しいとかあったら、聞きたいんですけど。

吉澤:はい。あの、そうですね、わたしは間奏の部分が、すごく好きで。
アナ:はい。
吉澤:
10人で、こぉ、踊ってるんですけど。
結構、練習も何回も何回もやったりなんかして。
結構、こぉ、やっぱ、揃ってたりとか、すると、こぉ、迫力というか。
おっ!って思うんですけど、いつも。
何か、その間奏の振りとかは、すごく好きですね。

アナ:何か、力強い感じがしたんですけど。何か、こぉ、腰を低目に、
吉澤:はい。
アナ:みんなが踊っているところが、あって。間奏かな?
吉澤:はい。
アナ:何か、すーごく迫力があるなと思って。
吉澤:はい。
アナ:昨日、何か、ぉーっとかって見ちゃったんですけど。
メンバー:(笑)
アナ:しかも衣装も、すごいかわいいし、
メンバー:はい。
アナ:何か、女性から見ても、すごい、釘付けになりますよね、あれは。
高橋:あ、ほんとですかぁ
亀井:ありがとうございます。
吉澤:おー。
アナ:はい。

アナ:じゃ、小川さん。
小川:そうですね、わたしが、あの、
「Ambitious!」のプロモーションビデオ撮るときに
一番恥かしかったのが、

アナ:うん。
小川:何か、みんなそれぞれやったんですけど、
昔のアイドルって言うか、ま、アイドルの何か、ポーズみたいな、
そういうのをカメラに向かってやって

吉澤:ぶりっこやってって言われて
アナ:名前が入って、あの、どんどん どんどん切り替わって行くとこじゃない?
吉澤:そうです。
亀井:はい。
小川:そうなんです、そうです。
こぉ、振り向いた瞬間に、何かそういうちょっと恥かしいって思うようなポーズをしてって言われて。
え、何しよう、何しようって思って。

アナ:はい。
小川:すごく恥かしいなって・・
アナ:ちょっと、今、それ、見たいんですけど・・。
例えば、ここで、振り返りざまに、何かアイドルっぽいポーズをしてって・・・は、出来ますかね。

小川:頑張ります。
高橋:(笑)
アナ:頑張ります、ぅわー、見たーい。

アナ:行きますよー、3、2、1、キュー!
全員:わー。
高橋:かわいいー。
小川:やーだー、照れるー。
亀井:照れるー。
アナ:これ何?
小川:何だろ、これ。
アナ:こ、こんな感じで?
小川:いたい子ですよ、わたし。

アナ:例えば、日常生活に、こぉ、そういう振りでも、さっきのかわいい、まこっちゃんの、こぉ仕草でもいいんですけど。 こぉ、何か、思わずやってしまったり、得したこととかってあったら聞きたいんですけど。
吉澤:得したこと?
アナ:うん。
吉澤:仕草で、ですか?
アナ:仕草でも、あと何か、つい、テヘッとか何かこぉ、こぉアイドルっぽい仕草が出てしまったりとか。
吉澤:あー、わたし、損ばっかですね。
アナ:写真を撮るときとか、
メンバー:(笑)
アナ:さっきの、これじゃないですけど。ほんと?
吉澤:だって、こんなキャハッなんて、普段、やらないですもの。
高橋:やらないですねー。
吉澤:やりますか?
アナ:え? 時々、何か、テヘッとか言ってごまかしたりしません?
高橋:しない。
アナ:ええーっ!
小川:しないねー。
アナ:ほんとですかぁ?
小川:基本的に、結構、モーニング娘。のみんな、結構、男っぽいですよ、意外と。
吉澤:男っぽいね、結構、体育会系なんで。
アナ:うっそー。
小川:体育会系、さばさばしてます、みんな。
アナ:あ、そうなんですか。わたし、すごい何か、こぉ何か、お願い(ハート)とかやってるイメージだったんですけど。
メンバー:やらなーい。やらないですよ。
吉澤:いまどき、お願い(ハート)なんてやる人、います?
アナ:(うなづく)
吉澤:やるんですか?
アナ:(うなづく)
メンバー:えぇえーー!
吉澤:ちょっとそれは・・
亀井:お願い(ハート)・・・ふふふふ
アナ:あ、そうですよね、え?
吉澤:じゃ、得意分野ですか?そういうかわいいポーズ?
アナ:かわいいポーズは、え、何か、プロモーションビデオ見て、や、これ使えるんじゃないのとか言って、何か・・
メンバー:(大受け)
吉澤:使えるんじゃないの?(笑)
アナ:女の子同士で、盛りあがるんですけど、
吉澤:それは、まぁ、嬉しいですけどね、
高橋:やった。

(吉澤にカンペが出る)
吉澤:じゃ、あの、ポーズを、見せていただきたいなぁと。
アナ:え、待って待ってぇ
小川:振り返りから・・
高橋:見たい、見たぁい
アナ:これ、何、立ちの方がいいんですかね?
吉澤:本格的ー
亀井:立ちゃいますか?
小川:気合、入ってますねー。
アナ:行きまーす。
吉澤:はい、
メンバー:3、2、1、
アナ:(ポーズ)
メンバー:(大受け)
吉澤:あの、結構、つんくさん、好きだと思います。
アナ:あ、ほんとですか?つんくさんも好き?
亀井:今のポーズ、どうやってやったんですか?
高橋:何か、こおでしたね。
アナ:え?何か、こんな感じで、ワンバウンドした方がいいかな、みたいな。
高橋:なるほどー
メンバー:(笑)
アナ:はい。
高橋:勉強になります。
亀井:勉強になりまーす。
アナ:ありがとうございます。

(今日の携帯サイトのキーワード)
亀井:ポーズです。

アナ:じゃ、締めで、皆さん行きますよ。
メンバー:はい。
アナ:3、2、1、
全員:また明日!
(060806)

○2006年07月07日fri放送「深海魚(吉高小亀)」 TV神奈川 24:35〜

アナ:さぁ、いよいよ最終日となりましたけども、
高橋:はい。
アナ:5日間、どうもありがとうございました。
メンバー:ありがとうございました。
アナ:あの、やってみましてですね、
吉澤:はい。
アナ:こういう、ちょっと、投げっぱなしなトークになってしまったんですけども、
メンバー:(笑)
アナ:(笑)いかがでしたでしょうか、ほんとに?
小川:ぃや、楽しい・・
亀井:楽しかった・・
高橋:すごい、楽しかったです。
アナ:ほんとですか?
メンバー:はい。
アナ:あ、よかった、何か、
小川:何か、わたし達のこと
アナ:はい。
小川:天然って言ってますけど、(アナの方が)天然ですよね。
吉澤:一番、天然で・・
高橋:すごい天然ですよね
アナ:すごい、真面目なんですけど・・
小川:真面目・(笑)
亀井:真面目・・(笑)
吉澤:ボケ、わりと(みんな)ボケなんですけど
アナ:はい。
吉澤:更にボケていただいてるから・・・
アナ:何か、みなさんにつっこまれっぱなしなんですよね。
亀井:そうなんです。
高橋:はい。
吉澤:つっこみどころ満載かなっていう
アナ:じゃぁ、今日はしっかりとやっていきたいと思います。
メンバー:(笑)
アナ:今日、七夕の夜なんでね、ロマンティックに進めて行きましょうか。
高橋:はい。
アナ:じゃ、今日のフリは、亀ちゃんでーす。行きますよ。それでは、今週も、深海魚、
全員:スタートー。

アナ:今日、最終日、七夕ということなので、
メンバー:はい。
アナ:みなさんに短冊を書いていただきました。
メンバー:はい。

アナ:じゃ、順番に、吉澤さんから、
吉澤:はい。
アナ:教えてくださーい。
吉澤:じゃん。スフィアリーグで優勝できますように。と言うことで、
アナ:はい。
吉澤:あの、フットサルをやってるんですけど、あの、ハロープロジェクトで、
アナ:はい。
吉澤:ガッタスブリリャンチスってチームでやってるんですけど、
アナ:はい。
吉澤:去年から、あの、リーグ戦が始まりまして、で、今年の11月ぐらいが最後の大会になるんですけど。 そこで、ま、総合優勝、
アナ:ぉー
吉澤:出来るようにって、願ってますね。

アナ:じゃぁ、高橋さん。
高橋:はい。じゃん。身長が伸びますように・・・
アナ:(笑)
高橋:です。
吉澤:小学生みたいな願い事なの、
高橋:違うんですよ、ほんとに小っちゃいんですよ、わたし。
アナ:今、何センチですか?
高橋:ひゃくご じゅうさん(153)センチしかないんです。
アナ:え?113センチ?
高橋:153・・
アナ:あ、びっくりした、153・・
小川:そんな小さかったら・・・
アナ:153センチですよね、はい、
高橋:153です。
アナ:どのくらい欲しいですか?
高橋:159は、欲しいです。
吉澤:あんま、変わんねえ。
高橋:(笑)変わりますって。
アナ:160は?
吉澤:ほんと?
高橋:お母さん、158なんですよ。
吉澤:お、
高橋:9は、ちょっとぐらいは越えたいです。
アナ:あ、越えたい?
高橋:60までは行きたくないんですけど、
吉澤:それ、64の人に失礼じゃない?
アナ:(笑)
高橋:違うんですよ。わたしのキャラクターから言えば、あんま、でかすぎても、おかしいじゃないですか、何か。
アナ:すごい。
高橋:分かんないけど、何か、でかいと、何か、わたし似合わないような気がしてる・・

アナ:じゃぁ、小川さんの願いを教えてください。
小川:はい。たくさん寝れるようになりますように・・
吉澤:(笑)おばあちゃんかよ。
小川:おばあちゃんなんですよ。わたし、昔からなんですけど、
高橋:そうだねー。
小川:あの、どんなに、結構もぉ、2時とかに夜、寝ても、6時半とかに普通に目が覚めるんですよ。
高橋:あー。
アナ:へー。
小川:で、ほんとに、大迷惑なんですよね、それが。
吉澤:え、なんでー。でも、早起き三文の得って・・
小川:違うの違うの、ほんとは眠いんですけど、2度寝ができないんですよ。起きちゃうと。
アナ:えー。
吉澤:おー。
アナ:じゃ、逆に、小川さんと同じ部屋になった人は、あの、ごそごそ動き出されるから、
小川:そうです、そうです。
吉澤:何か、メールとか朝早いんですよね、まこっちゃん、何か。
小川:早いです。
吉澤:アドレス変更しました、とか、6時30分です、
小川:朝とか、
アナ:えー?
吉澤:おい、起こすなよ。変更かよみたいな。
アナ:ねー。
小川:よく言われます。起こされたんだけど
アナ:緊急事態かと思ったのに、メール変更ですって。別に6時じゃなくて、
吉澤:ね、早いよね?
小川:そうなんです。だから、どうやったら、夜、こぉ寝てられるかなあって言うのは。
アナ:はい。
小川:これですね。叶えてください。
アナ:はい。

アナ:じゃ、次、最後、亀ちゃん。
亀井:はい。夏を満喫できますように・・・
アナ:おほ。
吉澤:お、おー
亀井:あのね、夏って、あっと言う間に、短いじゃないですか。
アナ:うん。
亀井:だから、あっと言う間に、いつも終わっちゃうんですよ。だから、ことしは、ちょっと、満喫します。
アナ:満喫します、と言うことで。
亀井:はい。
アナ:どういうところから行きたいですか?行きたい所とかあるんですか?
亀井:まずは・・んーと・・見た目?
吉澤:見た目?
高橋:何、それー?
小川:見た目を満喫するの?
亀井:まずは、えー、格好から、ですね。
高橋:格好ね。
吉澤:夏っぽい服を着て、

アナ:今日、サマーですよ、ほら、
亀井:サワー?
アナ:うん。
亀井:サワーですか?
アナ:サワーじゃなくて、サマ、サマー?
亀井:サワーですか?
アナ:うんうん、すっぱい感じじゃなくて・・
亀井:そうですね。
メンバー:(笑)
亀井:それで・・、サマー?サマー!
アナ:すっぱい感じって、何か、そんなんじゃなくて、かわいいですよ。
亀井:そうですか。
アナ:うん。
亀井:だから、ちょっと、満喫できるように、今年の夏は、
アナ:はい。
亀井:楽しみたいなって思います。

アナ:ほんと、みなさん、今週、もう、1週間、どうもありがとうございました。
メンバー:ありがとうございました。
アナ:深海魚は気に入っていただけたでしょうか。
メンバー:はい。
小川:楽しかったです。
吉澤:また、他のメンバーも連れて来たいと思います。
アナ:あ、是非、よろしくお願いします。
メンバー:はい。
アナ:今週のゲストは、モーニング娘。の、え、吉澤ひとみさん、高橋愛さん、小川麻琴さん、そして亀井絵里さんでした。どうもありがとうございましたー。
メンバー:ありがとうございました。
全員:バイバーイ!
(060808)