Index 2004年11月 その他の番組

○2004年11月01日mon放送「Hey! Hey! Hey!(娘。)」 フジTV 20:00〜



浜田:また、なんか、安上がりな衣装やな。
藤本:そんなこと、ないですよ。
浜田:そんなこと、ないですか。
藤本:はい。
松本:何か、同じようなん、ジーンズメイトに、売ってたような気がする。


同姓同名さんからの質問
藤本美紀さん: 「自分が、かわいく撮られるために、気をつけてることは、何ですか?」

藤本:えーー、や、でも、何か、あの、一応、かわいく撮られるっていうよりも、
松本:えー。
藤本:あの、何だろ、前の日に、すごい、水分を摂り過ぎないようにとかは、
松本:はーはー、はーはー。
藤本:思いますけど、
浜田:あ、むくまんようにとか、
藤本:はい。
浜田:でも、自分でさ、鏡とか見たときに、あ、この角度、かわいいとか、
藤本:あんまり、鏡が好きじゃないんですよ。
浜田:あまり、見ないの?
藤本:見ないですよ。
浜田:へー。でも、テレビ出た時でも、一応、カメラ目線もするわけでしょ?
藤本:そうですね。
松本:一応、鏡を見たほうが、もしかしたら、鼻くそ、そよいでるときもあるから。
浜田:そうや、お前、しょっちゅう、そよいでるやろ、どうせ。
藤本:そよいで、ないです。なんてこと、言うんですか。(浜田の腕を叩く)
藤本:ひどーいですよ。



道重歩美さん:「どこが、女の子らしくなったと言われますか?」

松本:どこなんでしょう?
道重:え、何だろ、何かー、
浜田:うん。あなた、おいくつですか、今?
道重:今、15歳です。
浜田:15歳。
道重:はい。何か、昔っから、女の子っぽいって言われてて。だから特別には、ないんですけど。
浜田:うん。

道重:ま、しいて言うならー、かわいくなった所ですかね? あ、でも・・・
松本:ま、今、日本国民に総スカン。・・・くらいました。
道重:はい。
浜田:それは、何、この仕事始めたから? ま、ほら、人間って、人に見られると、あか抜けするって言うじゃないですか。
道重:そう、何か、やっぱり、モーニング娘。って、みんな、かわいいからー。
浜田:そ〜ぉ?
道重:ふふ、かわいいから、何か、自分、かわいくなりたいとか思うから、



浜田:うん。自分の中で、何番や、思うてる?
道重:えー。
浜田:かわいさランキングは、何番やと思うてんの?
松本:それは、言っていいんじゃない? だって、別に、誰に勝ってるとかじゃなくてー、
浜田:そうそう。12人、おるんでしょ?
道重:はい。
浜田:あんた、何番なんですか? 自分の、自己診断。

道重:1番。えへへ。
浜田:すげぇ。これ、すごいよ。
矢口:よく言う。よく、言うんですよ。
浜田:あ、そう。
矢口:あの、本番前とかに、
浜田:すごいわ。
矢口:鏡を見て、「うん、今日もかわいい」って言って、出てくるんです。


浜田:ははは、(藤本の頭を叩く)
藤本:痛い。何で、・・・美貴、やってないですよ。
浜田:これすごいわ。でも、いいんじゃないの、そういう自信もね。
道重:はい。
松本:すごいね。みんなも、そうすれば、

道重:でも、石川さん、対抗してきますよ。
松本:石川さんは、対抗してくる。どういうことですか?
浜田:石川さん、どやって、対抗してくるの?
道重:何か、鏡に向かって、
浜田:うん。
道重:ライブの前に、「よし、今日もかわいい」って言ったら、
松本:うん。
道重:「よし、わたしの方が、かわいい」って、言ってるんです。
松本:来た、これ、来たで。


石川:実は、この二人、あの、エコモニっていうユニットをやってるんですよ。
浜田:はい。
石川:で、あの、一緒に居ることが増えてから、ちょっと、ジェラシーを感じてまして。
道重:ふふふふ。


石川:もう、最近、目が合うと、絶対、あの、かわいい顔、して来るんですよ。
松本:あ、ちょっと、やってください。かわいい顔。
松本:なははははは。
石川:やられると、あの、自分も、何か、負けたくないから、
浜田:これ、やっばいよ。
道重:でも、石川さん、もっと上で、ウィンクして来ますよ。


松本:はい、はい、石川さん、やってください。
石川:できてない。できないんですよ。
浜田:やばい、やばい。
松本:なるほどね。
浜田:やばい、やばい、この二人、やばいで、おい。
松本:ちょっと、客との距離感を感じるので、この辺でやめときましょうか。
浜田:はい。


高橋あい :「何か、体のために、していることは、ありますか。」

高橋:あのぉ、わたし、脚が短いんですよ。
浜田:そうなの。
高橋:あの、お風呂ぉに、あがった後に、長くなるように、ストレッチしてます。
松本:ふーん、ん?
高橋:身長が小っちゃいのもあるし、だから、伸びるかなーと、思いながら、やってます。


高橋:あのね、こう、これ、こう曲げて、こぉ回すんですよ。


高橋:骨盤にも効くらしいんですよ、それが。
松本:すいません、僕にしゃべんの、止めていただいていいですか?

  (高橋さんのお話は、実際は、もっと、長かったです。)

後列、左から、飯田・亀井・田中・新垣・吉澤・小川さん。
今回、お話をする担当は、
前列、左から、矢口、高橋、道重、石川、紺野、藤本。
でも、紺野さんのお話は、ありませんでした。


メインボーカル、紺野さん。
(041121)


○2004年11月02日tue放送「やぐちひとり(矢口)」 TV朝日 24:51〜



今夜も、結構な漫才です。

矢口:
「憎くたらしい小悪魔系ですか?
 もしかしたら、オイラ、そんな感じですよ」…と。
(041121)


○2004年11月04日thu放送「志村どうぶつ園(W)」 日本TV 19:00〜



いろいろな番組に、顔を出すようになった、辻さん加護さん。

ダブルーユーは、なかなか浸透しなくて、
どこへ行っても、辻ちゃん加護ちゃんです。
(041121)


○2004年11月04日thu放送「創造市場(娘。)」 朝日TV 25:26〜



「ハロプロ2004夏」の様子を背景に、人気着メロの発表です。
5位、恋愛レボリューション21
4位、I WISH
3位、シャボン玉
2位、女子かしまし物語
1位、Go Girl



「放課後」を背景に、着メロDL者1000名アンケートです。

男49%、女51%。

年齢:
10代、61%。20代、29%。30代、7%。
40代、 2%。50代、 0%。60代、1%。

職業:
中学生、16%。高校生、26%。大学生、8%。
会社員、22%。公務員、2%。フリーター、10%。自営、2%。
主婦、5%。その他、9%。
(041122)


○2004年11月05日fri放送「音楽戦士(メロン記念日)」 日本TV 25:14〜


「シャンパンの恋」
先週は、13秒しか流れなかったのですが、
今週は、フルに3分間、放映されました。


斉藤さん。

柴田あゆみさん。
10代の頃の様子を見ると、その年齢にしては、妖しげな艶やかな容貌をしていました。
若さのかわいらしさとの複合が、魅力だった(多分)と思う。
今、二十歳、年齢が追いついて来ました。追いついて来てしまいました。
これから、どうする、どうする。ちょっと、気がかり。
(041122)


○2004年11月06日sat放送「メレンゲの気持(石黒)」 日本TV 12:00〜



3児の母。派手な、お母さんです。
長女、次女、3番目は男の子だそうです。
モー娘。時代のお話しは、あまり、新味がない。
・楽屋でのケータイ禁止。
初見は、
・番組ゲストなどで一緒になったタレントとの私語禁止。

まだまだ、縛りがあって自由に話せないか、自主規制しているか。
いやいや、一般人が対象視聴者なので、
細かい挿話は、話しても理解されません。
(041124)


○2004年11月xx日sat放送「エンタ見たもん勝ち(安倍)」 フジTV 13:00〜


06日。
握手会で、心掛けていること:
「両手ですることですね。やっぱり、片手でなく。
 ありがとうございましたって、目を見て、両手でします。」
言う事に、よどみがありません。

13日。
司会ですが、突撃レポーターも、やります。

20日。
台湾のファン気質について語る。

27日。
司会してます。なにやら春のような装い。
(041215)


○2004年11月07日sun放送「あっぱれさんま大教授(W)」 フジTV 13:00〜



さんまさんが先生役になって、子供と遊ぶ。
大昔、内山信二君が出ていた番組の続き番組のようです。

加護さんは、入場早々に、ベルト飾りを落としてしまい、
「ダブル・ユーでーす」の挨拶よりも、それを拾う方が先になりました。
掴みは、OK。
さんま:「だんだん、若手漫才師みたいになってきましたね」

特別ゲストは、松本引越しセンターのCM「キリンさんが好きです、でも、象さんがもっと好きです」の子。
おもしろい子で、現在は、高校一年生。
  さんまさんのあしらいが、上手なのかな。
CMは、11年間放送されていたそうです。
奈良県出身で、加護さんとおばあさん同士が知り合いのようだと、揃って言ってました。
(041202)


○2004年11月10日wed放送「やぐちひとり(矢口)」 TV朝日 24:51〜



尺八の即興演奏、題「矢口真里」を聴く。
(041202)


○2004年11月11日thu放送「うたばん(娘。)」 TBS-TV 19:57〜



来年の卒業について、
中居:「どうすんの、就職?」
飯田:「アーティストになろうかな、と」


7期募集について、「今は、エース不在?」という発言がありました。
関連して、
石橋:「小川を見ると敗戦処理っていう感じがする」
何を言われても結構。
小川さんも、モー娘。も、一般認知度をあげる機会を得たということですよ。
それで、盛り上がれば、問題なし。

今は、エースが要らない構造になっているのではないでしょうか。
歌謡というより、群舞パフォーマンスのグループですから。
知名度の高い人気メンバーが、次々と卒業して行って、
来年あたりから、ちょっとピンチかも知れませんが、また全体で盛り上げて、個々の知名度も上げていけばよいのです。

「クイズ!これって一体 なんの問題?」
メンバーの解答から、問題を当てるというクイズです。
問題を当てる解答者は、飯田さんと矢口さん。

1次解答者は、
後列、上段小川亀井道重田中新垣
前列、藤本高橋石川吉澤紺野

こんな風に座っていました。
  かなり立派なセットが組まれています。
吉澤さんは、上段左端が多いのですが、この位置に。
高橋さんが、藤本さんをのけて、中央よりに。
ヤングチーム、アダルトチームなんでしょう。



1次解答者に示された問題は「韓国の通貨単位は?」


高橋の解答:「タイ」(解答はフリップに書きます)


紺野の解答:「ペン」
紺野さんがお勉強ができるということはMC二人にも知られています。


道重の解答:「ヨン」


これで韓国関連であると類推されました。


田中:「チン」
小川:「ユーロ」。
これで矢口さんが正解。



石川吉澤藤本:「ウォン」
亀井:「ハングル」
新垣:「単位は良い方だ」、(これは意味が分からない)


第2問、「侍の絵を描きなさい」






第3問、「水戸黄門が出すもの」

小川:「こばん」
道重:「家来」
田中:「くん章」
亀井:「お守り」
新垣:「名札」


ゲーム慣れしているせいもあって、案外、当たる。

石川紺野藤本:「いんろう」
吉澤:「はんこう」
高橋:「もんどころ」


第4問、「雨を英語で書いてください」

新垣:「sihaout」 (シャワーのことかな)
田中:「scool」 (スコールのことかな)
道重:「za〜」


小川吉澤藤本紺野:「Rain」

石川:「Lain」
中居:「石川ですから、全然、許しましょう」
(041203)


○2004年11月12日fri放送「POP JAM(娘。)」 NHK-TV 24:15〜



「放課後」の聴き所について

紺野:
「はい、今回の曲は、とてもかわいらしくて。
そんで、女の子のドキドキしてる気持ちとか、幸せな気持ちとかが、伝わるようにと思うので、そこを是非、聴いて欲しいなと思います。」


歌はBシフトで、矢口、紺野、高橋、吉澤の4人が歌いました。
歌が上手っぽいので、かえって興をそいでいます。

Aシフトの、石川、紺野、藤本、道重のほうが、たどたどしい不安な感じがあって、好もしい。
いっそ、石川、藤本に代えて、5・6期の余りソロを取ることのないメンバーが歌ったほうが、いいのではないかな。
(041203)


○2004年11月12日fri放送「プレミアの巣窟(Berryz工房、スポフェス)」 フジTV 26:10〜


司会はキャイーンの天野なので、優しい。

Berryz工房の発言は概ね、声を揃えて「はい!」と言うのみ。

12月5日のスポーツフェスティバルの紹介。
藤本さんは、頑張ります、と。
で、結果はMVP。

石川さんは、MVPを狙います、と。
これは逃しましたが、フットサルで得点。
(041205)


○2004年11月13日sat放送「みんなのモンダイ(W)」 TBS-TV 20:00〜



ふじいあきらさんの手品。
手のひらに載せたトランプの束が消えるというマジック。

ハンカチの下のトランプは?
加護:「消えて・・・ません。」
ハンカチを除けると、
本当には消えてなくて、透明なアクリル板に変わっていました。
回答といい、驚き方、騒ぎ方といい、演じる者も嬉しいよね。


手品師になれる才能チェック。
リズムに合わせて、一画ずつ、右手で三角形を左手で四角形を描きます。
辻・加護さん、合格。


他に、
人差し指と薬指で、消しゴムを挟んで持ち上げるという技。
両名、合格。
左右が逆な文字(鏡文字)で、ひらがなの文章を書くという技。
両名、合格。
若いからか、苦もなくやり遂げていました。
(041205)