Index 15/12/30 輝く!日本レコード大賞 最優秀新人賞(こぶしファクトリー) TBS-TV 17:30~



きらびやかなタイトル。


放送開始から1時間ぐらい、
過去の大賞や最優秀新人賞の受賞シーンのビデオが延々と続きます。
(何故か近めの過去のものはありません)

30歳過ぎくらいの倍賞千恵子さんが、美しい。
ブルーライト横浜のいしだあゆみさんが、かわいい。
劣らずに、中澤裕子さんが美しい。


モーニング娘の映像はありましたが、
℃-uteやスマイレージの映像はありませんでした。

開演まえの舞台裏。

ここでインタビューなどがあったようですが、
放送されませんでした


入場。
大賞候補と、最優秀新人賞候補だけが登壇します。

大賞と最優秀新人賞とが、
この場で決まるという演出で、
他の各賞は、既に全て決まっているようです。


最優秀新人賞候補は、
こぶしファクトリーを含めて4組。

(はまちゃん、足ながい)


(この日のために、特に誂えた衣装だそうです)


仲間由紀恵:
こぶしファクトリーのみなさんです。
よろしくお願いします。


こぶし:
よろしくお願いします。


井上:
はい。私、井上玲音が、
高速まばたきが出来ます。


浜浦:
はい。私、浜浦彩乃が、
360度開脚が出来ます。

今回披露させていただく曲は、
藤井梨央ちゃんと和田桜子ちゃんが、
曲中に相撲を取る振りがあったり・・・
能や歌舞伎を取る振りもあるので、
是非そこに注目してほしいなっと思います。


歌披露の前に、プロフィール紹介。






井上 玲音、小川 麗奈


野村 みな美、和田 桜子、広瀬 彩海


田口 夏実、藤井 梨央、浜浦 彩乃


横一線に並んでいたのが、
三角形に配置替えします。


(こぶしと言えば、まずは拳骨を思い浮かべるよね)

そこで、いきなり「どすこい!」

(他の新人賞候補は、バラードを歌い上げる系の女性が二人、
かっこいいだろう系の男女チームが一組。
いきなりのお笑い系インパクトには、敵わない)














(髪を振るところなんだけど、
今日は、みな、髪をぱっちり決めて来ているらしく、
浜浦さん以外、よい動きを見せられない)


(よく揃っている。
揃ってるところを見せる、見せ場。
よく訓練されている)




相撲の場。


小兵の藤井、猛進する。
大兵の和田、軽く受け流す。


和田、体格を利して藤井の頭を抑えて、
押して出る。


藤井、抑えを潜って、起死回生の突き。


和田、意外な反撃に敗れて、呆然。








(繰り返しになりますが、
はまちゃん、足ながい)




4組が歌披露を終えて、
最優秀新人賞の決定へ。


ドラムロール。


暗転。


仲間:
第57回日本レコード大賞、
最優秀新人賞は、
こぶしファクトリーに決定いたしました。


入場時は、
後列:小川、藤井、田口、和田
前列:野村、浜浦、井上、広瀬。

この時は、
後列:和田、藤井、田口、広瀬、
前列:小川、浜浦、井上、野村。




あまり手で顔をおおわない小川さん。
この後、カメラにしばしば捕捉されることになります。




泣かない野村さん。


のの字の眼の浜浦さん。




泣いてたと思ったら、
すぐに、にんまりする井上、田口さん。




泣かない野村と泣きの広瀬。




小川:
はい、今日はとても緊張していたんですけど、
8人で、心ひとつに頑張ろうって決めてきたので、
とてもうれしいです。




最優秀新人賞の証、盾が贈られる。




広瀬:
こぶしファクトリー、
一生に一度しかないチャンスを掴むことが出来て、
ほんとにうれしいです。
今まで応援してくださった方々、
そしてお世話になった方々に
感謝の気持ちを沢山、伝えたいです。






後方からマイクが配られますが、
小川の所には届かない。


小川、マイクがないことをアピール。


で、曲紹介はアナウンサーの
「それでは・・準備が出来たようです・・」で始まります。


(今日のスター、小川)




(藤井さんがきれい)


(目つきの鋭い井上)




(あごの野村)


(こういう場では、面白さが伝わりにくい たぐっち)


(あくまでも平和な和田)




紙吹雪。










(照明のせいでしょうか、
色白でない、並み肌色のメンバーが色黒に映ります)


(繰り返しになりますが、
藤丼がきれい)
















広瀬:
ありがとうございました
全員:
ありがとうございました