2015/01/07 ハロ!ステ#99 矢島舞美、研修生内 新ユニット(仮称:浜ちゃんズ、のち:こぶしファクトリー)結成をメンバーに伝達する


藤井:
新年
全員:
あけましておめでとうございまーす
藤井:
お正月のハロープロジェクトのコンサートで発表されましたが、
わたし達8人は新ユニットに選ばれました。
わたし達のことを知らない方も、まだまだ沢山いると思うので、
一人ずつ自己紹介と今年の抱負を話します
井上玲音:
東京都出身 中学一年生13歳の いのうえ れいです。
私の今年の抱負は、ハロプロ研修生に入って、
まだわたしは間もないので、
とにかくフレッシュにいきたいと思います。
よろしくお願いします。

以下、抱負以外のところは全員同じです

和田桜子:
愛知県 中学二年生 13歳 わだ さくらこ
ダンスや歌、トークはもちろん、
かっこいい表情やクールな表情、
笑顔でもいろんな笑顔ができるように頑張ることです。
田口夏実:
埼玉県 中学二年生14歳 たぐち なつみ
表情を明るく、いろいろな表情ができるようになることと、
MCでたくさん話せるようになることと、
グループのチームワークを高めていけるように頑張ります。
浜浦彩乃:
埼玉県 中学二年生 14歳 はまうら あやの
歌とダンスをレベルアップさせることと、
たくさんの人に知ってもらうことです。
小川麗奈:
栃木県 中学三年生 14歳 おがわ れな
個人としてもグループとしても、たくさんの方に知ってもらうことと、
歌・ダンス、トークともにグループの中で、
一番になれるか分かんないんですけど、
一生懸命頑張りたいと思います。
野村みな美:
東京都 中学三年生 14歳 のむら みなみ
ヒールを履きこなせるようになれることと、
自分のキャラを定着させることです。
広瀬彩海:
神奈川県 中学三年生 15歳 ひろせ あやか
わたしはハロプロ研修生に入ったばかりなんですけど、
新ユニットとしてもハロプロ研修生としても、
先輩に負けないような元気なパフォーマンスを見せていきたいと思います。
藤井梨央:
愛知県 高校一年生 15歳 ふじい りお
歌やダンスの技術を上げることはもちろん、
落ちのあるトークができるようになることです。
藤井:
これから、この8人で頑張っていきます。
応援、よろしくお願いします。
全員:
よろしくお願いしまぁす。


ハロー!プロジェクト新ユニット、
「女の園」

1月2日、客前で初のパフォーマンス

矢島:
キュートの矢島舞美です。
2015年になりました。
あけましておめでとうございます。
その後、自己紹介と録画を見ての感想。
広瀬:表情が硬い。
藤井:ダンスが揃っていない。
この日に備えての練習で、先生に重々言われてきたのでしょう。

矢島からは、
メンバーに新ユニット結成のことを伝えたのは私です、と。
ハロプロリーダーとしての初仕事。








井上:
中学一年生13歳の井上玲音です。
よろしくお願いします。


広瀬:
中学三年生15歳の広瀬彩海です


矢島:
いってきま~す


ノックして、矢島入室。
広瀬、息を飲む。
矢島:
おはようございまま~す。
初めまして。


矢島:
わたしのこと、分かるかな?
広瀬井上:
分かります

(この時の二人がすごくうれしそうです。
研修生同士の交流は始まっていたようですが、
ハロプロの正規メンバー、しかも重鎮に会うのは
初めてだったのかもしれません)


矢島:
分かります?
矢島舞美です。
今日はオーディションということで・・
広瀬井上:
はい
矢島:
きっと今、緊張してると思うんだけど
広瀬井上:
はい
矢島:
もう、どうぞ、座ってもらって
広瀬井上:
失礼します


矢島:
何と、ハロープロジェクトに
新しい・・ユニットが誕生します
広瀬井上:
はい
矢島:
で、そのユニットは
研修生内でできるユニットなんだけど、
その中に二人は・・
選ばれました


広瀬:
うそ・・・え?
矢島:
おめでとうございま~す。
びっくりだね
広瀬:
えぇぇ?
矢島:
そうなんです


広瀬:
ぇぇ・・・うそ
矢島:
しかも、そのユニットはですね、
他にもメンバーがいるんですよ。
そのメンバーとも、あとで対面してもらおうと思うので、
二人には待っていてもらおうかなと思います。


矢島:
おめでとう。
どうですか・・
今の気持ちは・・


広瀬:
あの・・わたしはハロプロ研修生に入ったのが、
あの、もう、1、2週間前なんですけど
矢島:
そうだよね
広瀬:
あの・・ナイスガールの方では
3年半くらいずっと、レッスンをやってて・・


広瀬:
で・・ハロプロ研修生ってだけでも、
すごくうれしかったんですけど
新ユニットって聞いて・・・もう、、
矢島:
ね。頑張ろうね、一緒に
広瀬:
ありがとうございます


矢島:
井上ちゃんは・・
井上:
何か・・・
ハロープロジェクトっていう所で、
デビューできる?のが、
すごくうれしくて・・・


矢島:
よかった、本当に。
よろしくお願いします
広瀬井上:
お願いします


矢島:
まだね、他のメンバーも知らないから・・
今から伝えてきます。
ありがとうございました。
おじゃましました
広瀬井上:
ありがとうございました


広瀬:
(泣き笑)
井上:
びっくりだね
広瀬:
実感、わかない


井上:
びっくり


広瀬井上:
(泣き笑)


矢島:
緊張した。
ためなきゃいけないのに、
ため忘れてた。
決まりましたって、すぐ言っちゃった。
でも、二人ともよろこんでた。
泣いてた。
うれしいよな、そりゃ。
わたし達も、うれしかったもん。
よかった、よかった。
あ~でも緊張したな。
まだ、あと6人いるから・・
伝えてきます。


野村:
と、℃-uteさんに、
サプライズをするっていう件で、
集まってます


野村:
わたし達 帯同組じゃないんですけど、
はい
藤井:
最終日だけ
和田:
参加
藤井:
出てくださいって・・


藤井:
お互い、知らなくて、
今日、会社に来て知りました
ひひひ(笑)


田口:
℃-uteさんのコンサート、
本編で、3曲?
出ます


野村:
「Danceでバコーン!」と「SHINES」と、
「世界一HAPPYな女の子」です


和田:
何か、すごいうれしかったんですけど・・
リハ日数とかも、全然ないので・・
緊張します


藤井:
急に発表されて、
で、覚えてきてくださいって、
3日ぐらい前に来て・・
急いで覚えました
野村:
リハーサル・・・


みんな:
(扉の外に気配が)
何か来た
藤井:
何か来た
わぁ~!


(浜浦、小川、来室)


(打ち合わせ)


矢島:
や~、人生が変わりますね。
人生が変わる瞬間ですよ。
それを告げるなんて、
大役だ、きゃぁ~


浜浦:
さっき二人で、
曲中に、メンバーさんに


浜浦:
サプライズできないかってことで、
考えてたんですけど


小川:
最終日だからね
浜浦:
うん
小川:
何か豪華にやりたいなって思って
決めました


藤井:
え~!(悲鳴)


矢島:
おはようございます


矢島:
え~へへへ
サプライズしてくれるの?
みんな?℃-uteの?


矢島:
ちょっと聞いちゃって、
小耳にはさんじゃって・・
何か、見たい


矢島:
何か練習してくれた曲が
あると聞いたので


(「SHINES」を踊って見せることに)






矢島:
あーすごい、みんな。
ありがとう


矢島:
ありがとう。
サプライズでね、何かうれしいなと思うんだけど、


矢島:
実は・・・
逆に・・・
わたしがサプライズなの


和田?:
え?
浜浦?:
え?


矢島:
何とですねぇ
あのですね
ハロープロジェクトに
新ユニットが誕生します
??:


矢島:
そして、その新ユニットは
ハロプロ研修生内で、


矢島:
結成されて
活動していくんですけども


矢島:
そこに、
みなさんは・・
選ばれました~!
みんな:
わぁ~(悲鳴)






矢島:
泣いちゃう
みんな


矢島:
うれしいね


矢島:
1月の2日の、
ハロープロジェクトのコンサートで、
発表します


矢島:
なので、
ハロコンでは、
その新ユニットとして参加してもらいます


矢島:
だからもうすぐね
リハーサルも始まるよ


(他にもメンバーがいることを説明)
(℃-uteコンサートへのサプライズ出演はウソだとスタッフが説明)


矢島:
ということで、
おめでとうです。
その時は一緒によろしくお願いします


浜浦:
よかった、3人で出来て


浜浦:
何かもう、ずっと、
結構長いあいだ、
研修生やってきてて、
田口:
(泣き笑い)


浜浦:
みんな、
やはり後輩とかがデビューしてっちゃったから
すごい心配だったので、
で、3人でデビューしたいって
言ってたので、
すごいうれしいです


野村:
何か実感がわかない・・・
これもサプライズなのかなぁ、みたいな
今、思ってます


藤井:
℃-uteさんの千秋楽に
出ると思ってたので、


野村:
すごい楽しみにしてたんですけど
和田:
(笑)


浜浦:
もうないと思ってた、デビュー
田口:


浜浦:
もうないと思ってた