Index 「数学 女子学園」 Index

○2012年03月21日wed放送「数学 女子学園(ハロプロ)」 日本TV 25:39~


2回戦。やはり数字を揃えるという手しかない。

2ペアは揃うものの・・・

2回戦も勝利して勝ち誇る真野。

ディーラーとしてはフェアだけど態度が真野お嬢様寄りの付け人宮本。

3回戦。田中は手札を2枚とも捨ててしまう。驚く矢島。

田中:分かってるやろーね?

道重:これはもしかして?

道重:フラッシュねらい?

かずき君をにらみつける二人。

真野:負ける可能性が出てきた・・・

真野の手はストレート。

かずき君も分かっていた。田中チームはフラッシュ完成。

レフリー鞘師、田中チームの勝ちを宣言。

お仕置きだと言う田中等に対し、
3年生と称するマントの人に頼まれただけと、笑ってごまかす真野。

意味のない新垣先生登場場面。

(円を描く文房具の)コンパスが投げ込まれ机に突き立つ。
数専伝統の、矢文ならぬコンパス文である。

デビルシスターズからのラスト・バトルの挑戦状である。
レフリー鞘師は語る。過去何人もの数学番長候補が、ラスト・バトルにおいて命を落としたと。

クイズのような問題を解いていくと、最後は教室に呼び出される。

デビルシスターズ。

リーダー保田。
15年以上留年していると言われる自称3年生である。

同じく副リーダー飯田。

リーダーはともかく、私はまだ充分若いと主張する副リーダー。

問題:私の年齢を答えなさい。
あっさり30歳と解答され、飯田、敗北。

10個のサイコロを振って、目の合計が大きい方が勝ち。

確率の魔術師、保田:「後悔するがいい!」

が、サイコロを盆からこぼしてしまい、即、敗北。

余りにもあっけないラストバトル。
こんな勝利で数学番長になっていいのか。

そこへゆっくりとした拍手が響き、
一層芝居がかった態度で最後と思われる敵役が登場。

ベールをはらうとアイマスク。

アイマスクをとると、目に隈取り。
幾重もの秘密に覆われた最後の敵役の正体は、
大方の予想通り田中姉=石川でした。

田中:「姉ちゃん・・・」
(再会の演技を、ちゃんとしているようです)

道重:「パンダだ・・・」

メイクはパンダでコントでも、真っ当な敵役に見える。
おかしいのだけれども、それを真面目にやるものだから余計に面白い。当然、本人も分かっている。
こういうのを出来るのはこの人しかいない。
保田さんのは、どたばたコントだけど、これも真っ当に演じていて上手い。
飯田さんも良くやった。かってはこういう役をやると、嫌がっているか恥ずかしがっているか、そういう所が見えてしまって演技になっていなかった。
ま、ハロモニ劇場の頃の話だけどね。
(120415)