Index 「絵流田4丁目の人々」


絵流田4丁目1番地 スーパーニコニコ 絵流田店
出演:
松浦 亜弥レジ打ちバイト店員 松浦 亜弥
近藤 春奈陳列係店員:近藤さん(吉本芸人)
保田 圭万引きGメン 保田さん
店長店長(吉本芸人)

06.05.08 「万引きGメン保田の苦悩」編
絵流田4丁目1番地 スーパーニコニコ 絵流田店
レジ打ち店員、松浦。
店内巡回中のGメン保田。
陳列係り店員 近藤さんが声をかけるが、職務精励中。
スーパーの休憩室。
Gメン保田、仕事に適性がないらしい。
犯人を取り逃がしたり見間違ったりで悩んでいる。
近藤店員、保田を励ますが、保田がはっきりしないので、急に激高。


06.05.09 「万引きGメン保田の苦悩」編
スーパー三階の休憩室。
近藤店員、Gメンをやめてレジなど普通の店員になれと勧める。
Gメン保田は、親子三代続くGメン一家なので、それは出来ない、と。
店長登場、ぼんくら。
保田、近藤店員を、おかあさんみたいで甘えたくなるとお世辞。
中学生ぐらいの子供がいるお母さんて感じだ、と。
近藤店員「23歳だっていうの!!」(これが落ち。)


06.05.10 「バイト松浦、ちょっと変わってる!?」編
スーパー三階の休憩室。
レジ打ち店員松浦、売上増進に貢献している看板娘。秘訣はウィンクにあるらしい。
店長、近藤さんと保田さんのもめごとについて相談。
松浦「いつものことだから、気にしなくていいと思いますよ」
前にいたレジ係りの田島さん
店長、前にいたレジの田島さんの話。
背がすごく高くて、前に交通量調査をやっていた。
松浦「知らないですね」
松浦店員は、劇団に入っている
昨日 本が出来上がって、今日 本読みやって、
明日 通し して、明後日 本番。
団員は、日によってちがうけど、およそ10人。
本格的に、適当な劇団らしい。
(店長と二人の会話なのだけど、ほぼ、松浦さんの一人舞台。)


06.05.11 「バイト松浦の劇団とは…」編
スーパー三階の休憩室。
松浦の今回の舞台は1200名収容の小屋。
小さいので、皆、気持ちが楽と、話が大きい。
いつもはドームとかでやっちゃうらしい。
演目は「シンデレラモンキー ガラスの鉄拳」、シンデレラストーリーに沿った格闘ものである。
演出家は田島さん
元社会人バレーの選手で、交通量調査をやっていた。
松浦「前のレジ係りの田島さんは知らないですね」


06.05.12 「店長の苦悩」編
スーパー三階の休憩室。
店長はヒマらしく、いつもここにいる。
保田、近藤さんとのいざこざは今週7回目。
保田「田島さんは知らないですね。お客さんしか見てないので」
松浦の舞台衣装
松浦、深紅のドレス・赤い花の髪飾り・赤い扇で登場。
今から2時間かけて稽古場へ行くと。
シンデレラ劇において白雪姫の役を演る。
見て分かるとおり赤衣装は白雪姫の衣装である。

「ナースの夕食」 編
絵流田4丁目2番地 小山病院 屋上
夜勤に備えて夕食を摂る二人のナース
後藤ナースは手作りの弁当。
あゆみナースは母親の作った弁当。
あゆみの料理の腕前、「玉子焼きを作ったら、スクランブルエッグが出来た」


絵流田4丁目2番地 小山病院
出演:
後藤 真希ナース 後藤先輩
柴田あゆみナース あゆみちゃん
患者脚を骨折してる入院患者 大溝さん(吉本芸人)

絵流田4丁目3番地 喫茶 ラポッポン
出演:
斉藤 瞳ウェイトレス
後藤 真希喫茶店の客 後藤先輩 ナース
松浦 亜弥喫茶店の客 亜弥ちゃん 劇団員
店長(吉本芸人)

絵流田4丁目4番地 路上
出演:
箕輪はるか交通量調査のアルバイト(吉本芸人)
矢口 真里交通量調査のアルバイト 箕輪の教育係り

06.05.15「ナースの夕食」編
小山病院の屋上
柴田「すい臓って、どこにあるんですか?」
ここが心臓とすると ここが肝臓で…と、後藤の弁当を突きまわす。
後藤「すい臓は、この奈良漬のあたりが、すい臓」
脚を骨折している大溝さん
病院の飯は味が薄いので、近くのスーパーでマユネーズを買ってきた。
大溝「マヨネーズが出らんちゃ」
後藤がマヨネーズの中蓋を開けてあげている間に、後藤の弁当を食う


06.05.16 娘DOKYU! EXTRA「紺野・小川、モー娘。卒業を発表」
06.04.29 大阪フェスティバルホールでのコンサートの模様
2人のステージ上での挨拶の様子。


06.05.17 「2人の再会」編
絵流田4丁目3番地 喫茶 ラポッポン
店長、ウェイトレス斉藤、客後藤。
後藤、脳年齢ゲーム(40歳に)

松浦、来店。後藤の周りを回る
松浦「後藤さんだ」
後藤「あれ?亜弥ちゃん」
後藤は姉に引きずられて劇団に入っていたが、1年前にやめている。
後藤姉は、劇団の第15回公演「お江戸でオーメン」で、ダミアン伊衛門(?)を演じ、200万人を動員した伝説の人物である。
かみあわない話
後藤は、看護婦仲間の話、患者の話
松浦は、芝居の話。
交互に会話しているが、内容は全く合っていない。


06.05.18「2人は友達!?」編
絵流田4丁目3番地 喫茶 ラポッポン
松浦は、演出家 田島さんの話。
後藤は、柴田さん話、骨折患者大溝さんの話。相手の話を聞かずに、交互に発言。
後藤「大溝さんは変わってる」
松浦「え?田島さんでしょ?」

「交通量調査のアルバイト」編
絵流田4丁目4番地 路上
箕輪はるか、カウンターを通行人に関係なく適当に押している。
矢口「ちょっと、いいですか?さっきから押すタイミングが全然違うと思うんです」
箕輪、カウンターを押さずにいられない。脅迫神経症?


06.05.19 「交通量調査のアルバイト」編
絵流田4丁目4番地 路上
箕輪、カウンターを捨ててしまう。「あれ持ってるから、つい押しちゃうんです」
箕輪、カウンターを拾って押しまくる。
「しばらく持ってなかったから、ちょっと禁断症状みたいに」

(お相手役の矢口さんが上手い。
本来の相方の近藤さんのように切れ芸で、自分の方に取りにいかない。
あくまでも真面目に対応しているので、箕輪が病気芸を遺憾なく出せている。)



絵流田4丁目6番地 大島百貨店 社員通路
エレベーターガール大谷と里田、休日が少ないと嘆いている。


絵流田4丁目6番地 大島百貨店
出演:
大谷 雅恵エレベーターガール
里田 まいエレベーターガール
箕輪はるかセルフ エレベータガール(吉本芸人)

絵流田4丁目6番地 絵流田テニススクール
出演:
安倍なつみ受講生
斉藤 瞳受講生 斉藤さん 喫茶店ウェイトレス
近藤 春奈受講生 スーパーの陳列係り(吉本芸人)
あべコーチテニス コーチ(吉本芸人)

06.05.22 「エレベーターガールの受難 そして里田暴走…」編
絵流田4丁目6番地 大島百貨店 社員通路
大谷「さっき3号で、変なお客さん 乗ってきたのよ。フロアの案内とか、いちいち真似するのね」
里田「わたしもね、こないだ変なお客さん 乗ってて。木彫りの船長!?」
大谷「木彫りの船長!!」
はるか「9階、木彫りの船長人形売り場でございます。只今 太平洋の船長展が催されております」
里田「何かね、エレベーターの壁を食べてた。得意の前歯でコンコン コンコンやってんの」
大谷「妹がいるみたい。携帯で話してた」

絵流田4丁目6番地 絵流田テニススクール
ベンチに坐り斉藤さんの練習風景を見る安倍。
近藤さん、「暑い」といいながら隣にすわる。


06.05.23 「謎多き女の子 安倍 登場」編
絵流田4丁目6番地 絵流田テニススクール
安倍練習、近藤練習、斉藤練習
安倍のうっとおしい思い込み
近藤、安倍の水筒を飲む
安倍「あれ、これ私のなんですけど」
安倍「あ、あの、どっかで会ったとこありません?
  テレビドキュメントのまぐろ漁船に乗ってた漁師の方じゃ…?」
安倍「白魚の中から、カニとかエビとか…やって…」
近藤「やってないですけど~」



06.05.24 娘DOKYU! EXTRA「紺野・小川、最後のモー娘。ライブ」
06.05.07さいたまスーパーアリーナの模様
(これって雨が降って、ピンクの布片(いわゆる粗末な布)を配ってた日のことだと思う。4年前)


06.05.25 「テニスと恋愛」編
斉藤の練習を見る
安倍、高校で3年間の経験あるが、再開したばかり。
近藤は、既に5年通っている。
近藤「指導を受けたいって気持ちは分かる。教えてあげたいけど、テニスはテクニックじゃない」
近藤「気持ちで打つっていうことが大事なの。恋愛と一緒」
近藤「あれ見てみ、斉藤さん」
安倍「頑張ってらしゃいますよね」
近藤「わぁ気持が漏れてるわ~
あれは恋愛、へたよ。いい男と付き合ってないわ」

安倍のうっとおしい思い込み
安倍「あ、あの人 見たことある。あれだ、土鍋 磨いてるひと…土鍋の感じが出てる」
近藤「出てない。喫茶店で働いてんの。ティーポットにしか見えないもん」
安倍「あたし 土鍋」


06.05.26 「テニスと恋愛」編
あべコーチのうわさ話
近藤「あれ?ちゃらいねぇ~」
安倍は、近藤の内心を読む。
あべコーチの指導
近藤さんは、あべコーチにしなだれかかって、練習にならない
安倍 悪魔
安倍「あの、コーチ。コーチ。あの、近藤さん、コーチのこと、好きです」
近藤「なに言ってんだよー! 今、言うことじゃねーだろお! T.P.O.ってもんがあるだろ、そういうものは」

(近藤さんの言うのが正論ですが、悪魔には通じません。
安倍さんのキャラクターのある一面
(自分を中心に自分が見聞した物のみを通じて発言する)を強調した、良い配役です)


絵流田4丁目2番地 小山病院
出演:
後藤 真希ナース 後藤先輩
柴田あゆみナース あゆみちゃん
箕輪はるか後藤の姉 はるか

絵流田4丁目6番地 大島百貨店
出演:
大谷 雅恵エレベーターガール
村田めぐみ従業員。化粧品売り場?
前田 有紀従業員。靴売り場

絵流田4丁目7番地ヘアーサロン ELLE
出演:
安倍なつみ美容師
飯田 圭織
近藤 春奈

06.05.29 「先輩と後輩」編
小山病院の廊下
よい看護婦風の後藤ナース
患者と丁寧に話をしている
おこられてばかりらしい柴田ナース
柴田「後藤先輩!」
後藤の体をつつきながら臓器のあり場所の復習
柴田「すい臓、肝臓、心臓、十二指腸。もう内臓は完璧ですよ」
柴田の疑問:ナースコールへの応えかた
ナースコールがあったとき、どの程度の早さでおもむくべきか?
余り早く行くと、暇だとおもわれないか?
すぐ来る安いナースだとおもわれないか?
30数えてから行くことにしている。
走るべきか、歩くべきか、早歩きか?を実演して見せる。
後藤ナースもお手本を示す。


06.05.30 「後藤センパイの姉登場」編
小山病院の廊下
柴田ナースの疑問は続く
「お大事に~」のアクセントは、どこにあるのか?
後藤の答、「平板に言え」
柴田の懸念「社交辞令っていうか、流れ作業っていうか、今の日本を象徴してるっていうか」

お姉ちゃん登場
後藤「お姉ちゃん!病院には来ちゃだめって言ったでしょ」
後藤姉「でも、買ったから…」
シャンプーとリンス(詰め替え用)を大量に買っている。
後藤が頼んだのは、リンス。シャンプーは余っている。
後藤「家にシャンプーがいくつあると思ってるの」
後藤姉、カウンターを持ち出し「34個…」
(後藤姉の正体)
(交通量調査のアルバイターであり、
セルフ・エレベーターガールであり、
もしかしたら、かって松浦さんの劇団でオカルト劇の重要な役を演じて、
200万人を動員した実績のある役者なのかも知れない)


06.05.31 「デパガの彼氏自慢」編
大島百貨店 従業員ロッカールーム
セルフエレベーターガールのうわさ
村田:今日は来たんですか あの人?」
前田「その人って、私の靴売り場の所にも来ましたよ」
 靴のつま先を一つ一つ押して行ったらしい
村田:「怒らない方がいいらしいわよ、何かかみつくらしいから」
大谷:「エレベーター キズだらけだから」
村田の彼氏自慢
村田「すっごいせこいんですよ。食事行っても割り勘だし、映画行っても割り勘だし、
コンビニでお弁当買う時も割り勘なんです」
お釣りの端数だけ、おごるらしい。
クリスマスは彼の宗教上の理由で、ない。
プレゼントは、ない。
誕生日は、女が年をとって、それを祝うのは失礼だということで、なしにしている。

絵流田4丁目7番地ヘアーサロン ELLE
客、飯田。
愛想のよい美容師、安倍。
安倍「今日も このあと 仕事ですか?」
飯田「そうなのよぉ」
景気が良くなるまで働くしかないと、水商売の苦労を語る。


06.06.01 「トラに育てられた女」編
偶然が過ぎる近藤さん登場
安倍「ちょっとお待ちいただけますか、今日、人手がたりなくて」
近藤「ちょっと、あんた、あんたここで働いてたの?」
安倍の疎ましい思い込み
安倍「え? あぁ、パソコンソフトの不正販売で捕まった集団の…ニュースに出てた」
安倍「トラに4歳まで育てられたあの、ドキュメント…感動しました」
安倍「あぁあれだ、インディースの女子プロの覆面マスクのレスラー」
近藤「失礼じゃないの、テニスクラブでしょぉ」


06.06.02 「殺しますよ」編
絵流田4丁目7番地ヘアーサロン ELLE
近藤「夏っぽく、短く」
安倍「夏っぽいという感じだったらリーゼントがお似合いかと」
近藤の、のりつっこみ。
ホステスみたいなのはイヤ
近藤「あれはダメよ、クラブのホステスみたいな、あるでしょ、あれはいや。
ね、あなたもイヤでしょ?クラブのホステスみたいな髪型」

飯田にちょっかい
安倍「でも、そういうの嫌いじゃないですよね」
飯田「えぇ、嫌いじゃないです」
近藤「お姉さんねー、嫌よね、ああいう髪形は。
女として私 どう?みたいな…」
安倍「あの、ホステス、(こちら)ホステスさんなんですよ」
飯田「あのぉ、殺しますよ」

絵流田4丁目8番地 TESS英会話 絵流田校
後藤「途中で止めないで、今回は絶対通ってね」
後藤姉「イエス、アイ、プロミス」